« 10月18日の感想 | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 26 »

2017年10月19日 (木)

イスラエルフィル 2011/2012

クルト・マズア指揮イスラエルフィルによる
ベートーヴェンの劇音楽「エグモント」 作品84と
交響曲 第7番 イ長調 作品92を聞いている。
2012年3月にテル・アヴィヴ大学でのライブ収録。
クルト・マズアのベートーヴェンは数多くの録音があるが、
イスラエルフィルの魅力が全開であまりにも素晴らしい。
明るく色彩的な響きだが、マズアの求める重厚さもあって、
ベートーヴェンの深い響きに感動する。この数日の寒さで
こうしたエネルギッシュな音楽が聞きたくなってしまった。
秋になって、ベートーヴェンを聞く機会が増えている。

helicon 02-9660

|

« 10月18日の感想 | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 26 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスラエルフィル 2011/2012:

« 10月18日の感想 | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 26 »