« イスラエルフィル 2011/2012 | トップページ | 10月21日の感想 »

2017年10月20日 (金)

ミヒャエル・ギーレン 26

ミヒャエル・ギーレン・エディション(第4集)から
ベルリオーズの幻想交響曲を聞いている。
南西ドイツ放送交響楽団の演奏で1995年12月20日に
フィリンゲン・シュヴェンニンゲンでライブ収録されている。
響きの美しさでスコアの隅々までがいきいきと語り出して、
私は大好きな演奏である。これは素晴らしい幻想交響曲だ。
ギーレンの音の作り方、音楽の構成は徹底して明確であり、
南西ドイツ放送交響楽団が際立って機能的な音色を奏でて
無色透明ながら、こんなにも豊かな音楽を聞かせるのは、
やはりギーレンって最高!スリリングにこの漲る緊張感は、
なかなか得られない感覚。他ではちょっと考えられない。

SWR>>music CD-No.SWR19028CD

|

« イスラエルフィル 2011/2012 | トップページ | 10月21日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミヒャエル・ギーレン 26:

« イスラエルフィル 2011/2012 | トップページ | 10月21日の感想 »