« エリーザベト・レオンスカヤ 1 | トップページ | ウラディーミル・アシュケナージ 18 »

2017年10月12日 (木)

圓朝速記~真景累ヶ淵(四二)

三蔵がお累を見舞っている場面はさらに続く。

三蔵「私が余(あんま)り小言を云ったのは悪うございました、
ついお前の身の上を思うばっかりに愚痴が出て、
病人に小言を云って、病に障る様な事をして、
兄(あに)さんが思い切りが悪いのだから、
皆定まる約束と思って、もう何(なん)にも云いますまい、
小言を云ったのは悪かった、堪忍して」
與助「誰エ小言云った、能くねえ事(こっ)た、
貴方(あんた)正直だから悪(わり)い、
此の大病人に小言を云うってえ、此の馬鹿野郎め」
三蔵「何(なん)だ馬鹿野郎とは」

三蔵がお累のことを深く思い遣っている台詞だが、
與助の「馬鹿野郎め」のやり取りは、笑えるところ。

三蔵「蚊帳を持って来たから釣りましょう、
恐ろしく蚊に喰われた、釣手があるかえ」
お累「釣手は売られないから掛って居ります」

お累は冗談をいえる様子ではないのだが、
釣手は質に入れられない…というのも上手い台詞。

三蔵「アヽ鼻血が出た、與助、男の鼻血だから
仔細はあるまいけれども、盆凹(ぼんのくぼ)の毛を
一本抜いて、ちり毛を抜くのは呪(まじねえ)だから、
アヽ痛(いて)え、其様(そんな)に沢山抜く奴があるか、
一掴(ひとつかみ)抜いて」
與助「沢山(たんと)抜けば沢山験(き)くと思って」

お累の死を予言する不吉なことが起こるのだが、
鼻血を止める呪いにちり毛を抜くというのがあるのだ。

三蔵「アヽ痛」
與助「何(ど)うかしましたかえ」
三蔵「下駄の鼻緒が切れた」

不吉なことはさらに続くのである。
圓朝のこうした表現がやはりすごい。

|

« エリーザベト・レオンスカヤ 1 | トップページ | ウラディーミル・アシュケナージ 18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 圓朝速記~真景累ヶ淵(四二):

« エリーザベト・レオンスカヤ 1 | トップページ | ウラディーミル・アシュケナージ 18 »