« ライプツィヒ・ゲヴァントハウス | トップページ | 圓生百席 「能狂言」 »

2017年11月 9日 (木)

ヤープ・ファン・ズヴェーデン 1

ヤープ・ファン・ズヴェーデンの指揮による
ブラームスの交響曲を収録順に聞いていきたい。
今日は、交響曲 第2番 ニ長調 作品73で
オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団の演奏、
1999年4月にヒルヴェルスムのMCOスタジオで収録。
非常に豊かな表情で歌われており、美しい弦の響き、
木管の音色も独特の色合いを醸し出して、感動的だ。
細部の表現では、ユニークな仕上がりにも興味あるが、
そういうのより、音楽の喜びが全体に溢れ出しており、
聞いているこちらもとにかく楽しい気分になってしまう。
現在では人気のヤープ・ファン・ズヴェーデンだが、
指揮者としてのキャリアのスタート時期の演奏であり、
しかし初期の録音でも実に魅力的でやはり才能が違う。

Brilliant Classics 94074

|

« ライプツィヒ・ゲヴァントハウス | トップページ | 圓生百席 「能狂言」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤープ・ファン・ズヴェーデン 1:

« ライプツィヒ・ゲヴァントハウス | トップページ | 圓生百席 「能狂言」 »