« 江戸の酉の市~熊手 | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 28 »

2017年11月20日 (月)

第142回 柳家小満んの会

関内ホールが改修工事中で、今回から
吉野町市民プラザに会場が変更されたが、
この新しい環境に早く慣れなければ。
やはり場所が不便だけど、聞いてみて
高座との距離は近いように感じられた。

柳亭市若:初天神
柳家小満ん:奈良名所
柳家小満ん:なめる
柳家小満ん:お直し

一席目は「奈良名所」で、小満ん師匠がこの噺を演る
ということは知っていたが、聞くのははじめてである。
前半は「二人旅」の雰囲気だが、お伊勢参りの後で
奈良に行くという設定で、この噺も「三人旅」シリーズの
ひとつなのであろう。宿の客引きをかわす場面があって、
逃げにかかるとそこが探していた宿である。一晩泊まり、
翌日、主人の勧めもあって、奈良の名所をまわって歩き、
案内人が洒落たくさんで道案内をしていく。後半になると
江戸っ子二人の出番はなく、そこはちょっと不思議な印象。
その洒落案内であるが、もうすっかり忘れてしまったので、
また聞いてみたいところ。珍しい噺でなかなか聞けない。
「なめる」は2009年1月に関内で、そしてその翌年の7月、
日本橋でも演じられているが、それ以来で久しぶりである。
芝居小屋の様子や上演の仕組みなど、かなり緻密な説明で
格調高くはじまるのだけど、それが後半、この噺は艷笑噺。
師匠で聞くとごくお洒落な情景だが、翌日、お嬢さんの元を
訪ねてみると転宅してしまっている。「転宅」にそっくりだ。
ここで覚えておきたいのが、「守田の寶丹(宝丹)」という薬。
気付け薬ということになっているが、胃腸薬と書いてある。
不忍池のすぐわきにある守田治兵衛商店で1680年の創業。
仲入り後、今年の締めくくりは「お直し」である。この噺は
よく覚えているのは、関内の小満んの会で100回記念のとき
演じられており、それから42回なので、すでに7年が過ぎて、
あっという間に同じく久しぶりということになってしまった。
吉原についての研究発表だと大見世から小見世、切見世、
けころの羅生門河岸に至る吉原を構成する店の詳細な説明、
解説があり、表の大通りがあれば、裏通りもあって、陰日向、
明暗があって、その裏通りの情景が頭に描かれたところで
「お直し」の夫婦の物語となっていく。酔っ払いの左官職人が
滑稽な三枚目で、そこで笑いを取り、ジメジメさせないのが、
いいのだが、そうでなければ、救いのない暗い物語となって、
時間の更新をする「直してもらいなよ」が嫉妬の表現となり、
その意味をどこかで取り違えてしまうところが実に落語らしい。
ということで、次回は新年の1月22日(月)の第143回であり、
演目は「お楠物語」「花筏」「火事息子」の三席。楽しみである。

|

« 江戸の酉の市~熊手 | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 28 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第142回 柳家小満んの会:

« 江戸の酉の市~熊手 | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 28 »