« ライプツィヒ・ゲヴァントハウス | トップページ | 鷲神社 二の酉 »

2017年11月17日 (金)

パーヴァリ・ユンパネン 3

パーヴァリ・ユンパネンでベートーヴェンを聞いている。
ピアノ・ソナタ 第9番 ホ長調 作品14-1(2011.6)
ピアノ・ソナタ 第10番 ト長調 作品14-2(2011.6)
ピアノ・ソナタ 第11番 変ロ長調 作品22(2010.6)
ピアノ・ソナタ 第19番 ト短調 作品49-1(2012.6)
ピアノ・ソナタ 第20番 ト長調 作品49-2(2012.6)
クーモ・アートセンターのレントゥア・ホールで収録。
軽快で小規模な作品14と作品49のピアノ・ソナタと
堂々としたスケール感が魅力の作品22という選曲。
快適な流れで、なんて気持ちのいい演奏なのだろう。
清潔感のある音楽で、その透明度と美しい音色が、
演奏の基本であり、核となっている。実に素晴らしい。
どこを聞いても鮮やかで、くっきりと青い空が広がる。
そういう中で作品49の自由なアレンジは興味深い。

ONDINE ODE1280-2D

|

« ライプツィヒ・ゲヴァントハウス | トップページ | 鷲神社 二の酉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パーヴァリ・ユンパネン 3:

« ライプツィヒ・ゲヴァントハウス | トップページ | 鷲神社 二の酉 »