« 11月26日の感想 | トップページ | ライプツィヒ・ゲヴァントハウス »

2017年11月27日 (月)

パーヴァリ・ユンパネン 4

パーヴァリ・ユンパネンでベートーヴェンを聞いている。
ピアノ・ソナタ 第5番 ハ短調 作品10-1
ピアノ・ソナタ 第6番 ヘ長調 作品10-2
ピアノ・ソナタ 第7番 ニ長調 作品10-3
2010年9月にクーモ・アートセンターで収録。
作品10の3曲のピアノ・ソナタで、大好きな作品だ。
かなりの爽快なテンポ感覚で、それを圧倒的な鮮やかさ、
考えられうる最上の明解度で演奏、なんて素晴らしい!
ドイツの伝統的な重厚で深みのある演奏とは違うけれど、
信じられないような透明感は新しい時代を感じさせるし、
間違いなくこれからのスタンダードとなる名演である。
立体的な造形は最大の特長だし、とにかく楽しすぎる。

ONDINE ODE1268-2D

|

« 11月26日の感想 | トップページ | ライプツィヒ・ゲヴァントハウス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パーヴァリ・ユンパネン 4:

« 11月26日の感想 | トップページ | ライプツィヒ・ゲヴァントハウス »