« 小満ん語録~むこう地 | トップページ | パーヴァリ・ユンパネン 3 »

2017年11月16日 (木)

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス

ヘルベルト・ブロムシュテットの指揮による
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏で
ベートーヴェンの交響曲全集を収録順に聞いている。
今日は、交響曲 第3番 変ホ長調 作品55「英雄」
2014年12月にライプツィヒ・ゲヴァントハウスで収録。
速いテンポできびきびと動きの軽やかさも特長である。
ピリオド奏法も取り入れられ、素朴であり、シンプルに
歴史の中で大袈裟に偉大さの強調されてきた響きを
ここでまさにリセット、驚くほどに新鮮、実に瑞々しい。
ベートーヴェンの緻密な書法を鮮やかに描き出して、
しかしそれが目立って、そこに関心が行くのではなく、
何よりも音楽の喜びにあふれ、ひたすら感動である。
ブロムシュテットは大好きだけど、この全集は最高。
何度聞いてもベートーヴェンの交響曲は素晴らしい。

accentus music ACC80322

|

« 小満ん語録~むこう地 | トップページ | パーヴァリ・ユンパネン 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライプツィヒ・ゲヴァントハウス:

« 小満ん語録~むこう地 | トップページ | パーヴァリ・ユンパネン 3 »