« ロイヤル・コンセルトヘボウ | トップページ | 小満ん語録~目貫 »

2017年12月 9日 (土)

黒門亭で馬治・左龍・小満ん

小満ん師匠を聞きに黒門亭に行ってきた。
暮れも近づき、開場待ちの寒さが堪える。

第2部
三遊亭ぐんま:のめる
金原亭馬久:真田小僧
金原亭馬治:棒鱈
柳亭左龍:猫怪談
柳家小満ん:大神宮

馬久さんの「真田小僧」は、「薩摩に落ちた」のオチまで。
馬治さんは、その薩摩の芋侍が登場する「棒鱈」であり、
侍の田舎っぷりが一段と凄まじく、薩摩侍というより田舎侍。
店の女中さんや芸者さんの感じがよくて、女性が魅力的。
左龍さんの「猫怪談」は、以前に落語研究会で放送されて、
よく覚えているが、夜中に不忍池の畔で早桶を運ぶ場面で
月番の吉兵衛さんが尋常でない臆病者であり、怯えの形相、
少しも感じない与太郎とのやり取りが可笑しくて好きである。
大家さんとの三人の演じ分けが、実演で聞くと実に明解で
噺に引き込まれた。与太郎が一人残されて、一所懸命に
死んだお父つぁんに話しかけるところは、感動的でもある。
小満ん師匠は「大神宮」をネタ出しで、この噺は浅草案内。
もうひとつ年末の歳の市の情景が描かれる「姫かたり」も
この季節に師匠は取り上げているが、歳末の活気であり、
十一月の酉の市以降、師走はやはり浅草なのであろう。
雷門は暮六つの鐘で閉められて、磯部大神宮の脇門で
吉原への客は待ち合わせをしたという。そこで、前回の
モテた、モテなかったの噂話を聞かされているものだから、
大神宮様が吉原にすっかり興味をもって、門跡様と一緒に
遊びに行く。その客たちの女郎買いについての噂話だが、
関内の小満んの会(2010年11月)のときにはなかったので
そちらは短縮版、今回が丁寧に本寸法ということなのかも。
浅草紹介のマクラも充実していて、勉強になることばかり、
それに対して、噺の方は軽く、バカバカしいのが楽しさだ。
中継ぎで一杯やってから吉原に繰り込むものだと耳学問、
「精進もらいはいけません」と大神宮様、門跡様が揃って、
「前川」で鰻の白焼きを食べて行くところはお気に入り。

20171209

|

« ロイヤル・コンセルトヘボウ | トップページ | 小満ん語録~目貫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/66141179

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で馬治・左龍・小満ん:

« ロイヤル・コンセルトヘボウ | トップページ | 小満ん語録~目貫 »