« 黒門亭で馬治・左龍・小満ん | トップページ | ロンドン交響楽団 »

2017年12月10日 (日)

小満ん語録~目貫

昨日の「大神宮」での話題なのだが、
吉原に関するマクラを聞くときに
金龍の裏は遊女の目抜きなり
という川柳を耳にすることがあるけれど、
金龍山浅草寺の裏にあるのが吉原であり、
そこでは遊女が中心的存在ということか。

浅草寺の御本尊は一寸八分の観音様だが、
秘仏で見た者はなく、ただ一人、見たことあるのが、
十一代将軍徳川家斉であったという。開けてみると
観音様はなく、龍の彫られた刀の目貫があったそうな。
もちろんガセネタだが、秘仏を見た者がいないので、
そんな噂まで立つのであり、川柳に詠み込まれている。
つまり「金龍の裏は遊女の目抜きなり」の川柳は、
「目抜き」と「目貫」を掛けているのだ。川柳は深い。

|

« 黒門亭で馬治・左龍・小満ん | トップページ | ロンドン交響楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/66145180

この記事へのトラックバック一覧です: 小満ん語録~目貫:

« 黒門亭で馬治・左龍・小満ん | トップページ | ロンドン交響楽団 »