« 鷲神社 三の酉 | トップページ | 地図で楽しむすごい神奈川 »

2017年12月 1日 (金)

ロイヤル・コンセルトヘボウ

マリス・ヤンソンスの指揮によるブルックナーで
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のライブ盤。
交響曲 第4番 変ホ長調(1878/1880年 ノヴァーク版)
2008年9月17-21日にアムステルダム・コンセルトヘボウ。
ヤンソンスのブルックナーに共通といってもいいのか?
音色の美しさにすぐに引き込まれるが、響きを吟味して、
研き抜かれた音楽作りではあるけれど、明るく、暖色系で
どの瞬間も親しみやすく、最後まで楽しく聞き続けられる。
歌心に満ちていて、端正な中にも表情は豊かなのであり、
精神性で厳しい彫刻のブルックナーとは一線を画している。
やはりギュンター・ヴァントやチェリビダッケ、朝比奈隆など
かつてのそうしたブルックナー指揮者が究極であるならば、
少し方向性は違うのだが、解釈もより自由に解き放たれて、
ヤンソンスも素晴らしいのである。とはいっても終楽章は、
引き締まって緊張感に満ち、感動的なフィナーレである。

RCO 09002

|

« 鷲神社 三の酉 | トップページ | 地図で楽しむすごい神奈川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/66110608

この記事へのトラックバック一覧です: ロイヤル・コンセルトヘボウ:

« 鷲神社 三の酉 | トップページ | 地図で楽しむすごい神奈川 »