« 東京の風景から 68~大森東 | トップページ | ズデニェク・マーツァル 2 »

2018年1月 8日 (月)

カラヤンの1980年代 41

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリンフィルで
ブラームスの交響曲全集を収録順に聞いていく。
今日は、交響曲 第2番 ニ長調 作品73で
1986年6月にベルリンのフィルハーモニーで収録。
ブラームスの交響曲は、かなりいろいろな演奏で
このところ継続して聞いているが、今年の最初に
カラヤン晩年のお馴染みの名盤で聞きたいと思う。
独特の徹底した美学が緩みを見せ、解放されて、
雄大な仕上がりへと変貌しているのは間違いなく、
結果、かなりロマンティックな音楽が聞けるのだが、
そこにどこまで深く共感して、聞き込めるかである。
1970年代の演奏に比べ、ばらつきがあるのは事実。

DG 00289 477 9761

|

« 東京の風景から 68~大森東 | トップページ | ズデニェク・マーツァル 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラヤンの1980年代 41:

« 東京の風景から 68~大森東 | トップページ | ズデニェク・マーツァル 2 »