« パーヴァリ・ユンパネン 5 | トップページ | 東京の風景から 71~湯島天神 »

2018年2月11日 (日)

黒門亭で小袁治・錦平・志ん橋

小袁治師匠と志ん橋師匠で黒門亭に行ってきた。
気温も高めで、並んでいてもこれなら楽だった。

第2部
柳家小ごと:たらちね
柳家かゑる:たまげほう
柳家小袁治:女天下
林家錦平:引越しの夢
古今亭志ん橋:二番煎じ

小ごとさんははじめて聞いたが、一琴さんのお弟子さんだ。
変に慣れた感じがなく、きちんとして、このまま行ってほしい。
かゑるさんが新作で「たまげほう」という噺だが、この噺は…
どこかで聞いたことがある。思い出せないが、実演ではなく、
ということは、テレビか?上方の噺家さんの作のようだが。
小袁治師匠もお得意にされている「女天下」で、楽しかった。
「かんしゃく」とか「意地くらべ」に似て、明治・大正の雰囲気。
陸蒸気(おかじょうき)が電車になり、「鉄道も電化された」、
そこから「女も電化だ(女天下)」というオチであり、いかにも
明治の空気が感じられる。男尊女卑が男女同権に変わり、
身分を問わず、男の権威が失われていくのだが、その辺が
落語の中に面白く描かれているのであり、結局のところ、
現代の社会にも通ずることなので、共感が得られるのかも。
落語は江戸の空気というだけでなく、大正から戦前の頃の
昭和初期の風景も私は好きで、この噺も時代感覚がいい。
居候だった魚屋の金太、苦学生だった銀行員の山田さんと
おかみさんが凄まじく恐妻キャラで、一段と責められていた。
錦平師匠が「引越しの夢」だが、新しく来た女中さんではなく、
中二階で梯子を片付けてしまうのは、とんでもない女中で
奉公人全員に「今日は来ないのかい?」と声をかけている…
そういう設定である。梯子を片付けてしまっているという点で、
男たちをいいようにからかっているのだが、新入り女中への
番頭さんの一人喋りがないので、短縮版の「引越しの夢」か?
トリは志ん橋師匠。師匠の「二番煎じ」を聞くのは四度目か?
今回は、煎じ薬を出されて、色と匂いで「これが煎じ薬か?」と
お役人がすべてを悟っているバージョンである。わかった上で
夜回りの宴会に付き合っているのであり、私はこちらが好き。
お役人も万が一、番小屋で酒を飲んでいることが知られると
たいへんにまずいのだが、飲んでいるのが酒だとわかると
「心張りをかってしまえ」とここははじめて聞いたが、面白い。
志ん橋師匠の「二番煎じ」は、ますます丁寧にじっくりと進み
今日の高座は50分程。本当に素晴らしい。聞けてよかった。

20180211

|

« パーヴァリ・ユンパネン 5 | トップページ | 東京の風景から 71~湯島天神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で小袁治・錦平・志ん橋:

« パーヴァリ・ユンパネン 5 | トップページ | 東京の風景から 71~湯島天神 »