« アルフレッド・ブレンデル 23 | トップページ | ダニエル・バレンボイム 25 »

2018年3月 1日 (木)

ミシェル・ダルベルト 4

ミシェル・ダルベルトによるドビュッシーの作品で
子供の領分、映像 第2集、前奏曲集 第2巻、
2015年5月30日にマントヴァのテアトロ・ビビエーナ。
ライブ収録で演奏会の臨場感を大切にしているが、
表現に遊びがあって、即興性や音の輝き、躍動感も
少し大胆に思い切ったところがあるのが魅力である。
音が美しくて、すぐにそこに引き込まれてしまったが、
ミシェル・ダルベルトもファツィオーリのピアノであった。
音の輪郭がくっきりと浮かび上がり、圧倒的鮮やかさ。
テクニックの切れ味もまさに理想としかいいようがない。
そこで洒落た音楽を聞かせてくれるのだから最高だ。

APARTE AP111

|

« アルフレッド・ブレンデル 23 | トップページ | ダニエル・バレンボイム 25 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミシェル・ダルベルト 4:

« アルフレッド・ブレンデル 23 | トップページ | ダニエル・バレンボイム 25 »