« マルク・アンドレ・アムラン 10 | トップページ | 横浜の風景から 529 »

2018年3月30日 (金)

アンジェラ・ヒューイット 5

アンジェラ・ヒューイットによるシャブリエの作品集。
即興曲、田園風のロンド、絵画的な10の小品、
朝の歌、踊るように、奇想曲、アルバムの綴り、
ハバネラ、気まぐれなブーレで2004年6月19-22日に
ドッビアーコのクルトゥーアツェントルム・グランド・ホテル。
シャブリエのピアノ曲を聞くのははじめてで、正直な感想、
あまり面白くなかったのだが、それが何度か聞いていると
不思議と気持ちよくなってくるので、音楽の魅力である。
ヒューイットは、ここでもファツィオーリのピアノを使用して
音が美しくて、その澄んだ響きで、演奏が素晴らしい。
絵画的な10の小品の各曲は、風景、憂鬱、つむじ風、
森で、ムーア風舞曲、牧歌、村の踊り、即興曲、
華やかなメヌエット、スケルツォ・ワルツという題名。

CDR930

|

« マルク・アンドレ・アムラン 10 | トップページ | 横浜の風景から 529 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンジェラ・ヒューイット 5:

« マルク・アンドレ・アムラン 10 | トップページ | 横浜の風景から 529 »