« パーヴァリ・ユンパネン 6 | トップページ | 3月10日の感想 »

2018年3月 9日 (金)

ウォルフガング・サヴァリッシュ 9

ウォルフガング・サヴァリッシュの指揮による
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏で
ベートーヴェンの交響曲全集を収録順に聞いていく。
交響曲 第5番 ハ短調 作品67
交響曲 第6番 ヘ長調 作品68「田園」
1991年3月にアムステルダム・コンセルトヘボウで収録。
このシリーズの最初の録音であり、当時は話題になって、
私も繰り返し聞いてきたが、やはりまずはここからである。
ゆったりとしたテンポで非常に誠実な姿勢が特長的だが、
聞けば聞くほどに丁寧な響き、きめ細かな印象がある。
普遍性の一方で渋い存在でもあるのだが、今だからこそ
サヴァリッシュの偉大さを再認識して、大切な演奏である。

WARNER 0999 9 93565 2

|

« パーヴァリ・ユンパネン 6 | トップページ | 3月10日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォルフガング・サヴァリッシュ 9:

« パーヴァリ・ユンパネン 6 | トップページ | 3月10日の感想 »