« マルティン・シュタットフェルト 2 | トップページ | アマデウス四重奏団 12 »

2018年4月 6日 (金)

バリー・ダグラス 1

バリー・ダグラスでベルク、ウェーベルン、リストの作品。
ベルクのピアノ・ソナタ、ウェーベルンの変奏曲 作品27
リストの眠れぬ夜-問と答、悲歌 第2番、灰色の雲、
RW-ヴェネツィア、ピアノ・ソナタ ロ短調という選曲。
1991年6月17-19日にワトフォード・タウン・ホール。
単一楽章のソナタで、リストとベルクを組み合わせ、
そこにウェーベルンとリストの晩年の小品が加わる、
この選曲が好きで、まず興味をもってしまうのだけど、
若き日のバリー・ダグラスの演奏がスケール雄大で
美しい響きでロマンティックに歌い上げるところなど
何とも魅力的で最高だ。ソナタ ロ短調もゆったりと
安定感のある作りで、巨大な表現と繊細な表情とが
絶妙な対比を生み出しており、とにかく素晴らしい。
ベルクとウェーベルンも後期ロマン派の音色である。

CDR931

|

« マルティン・シュタットフェルト 2 | トップページ | アマデウス四重奏団 12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バリー・ダグラス 1:

« マルティン・シュタットフェルト 2 | トップページ | アマデウス四重奏団 12 »