« 落語につぶやき 292~残り富 | トップページ | マルク・アンドレ・アムラン 11 »

2018年4月17日 (火)

エリーザベト・レオンスカヤ 5

エリーザベト・レオンスカヤでシューベルトの作品、
ピアノ・ソナタ ハ短調 D.958と変ロ長調 D.960
1997年2月にベルリンのテルデック・スタジオで収録。
雄大な構えで、ここで音楽は再び引き締まり、硬質に
細部にまで丁寧に作り上げられた表現は素晴らしい。
華やかさよりもシューベルト晩年の作風に合わせて、
音色も渋めの印象があり、まさにロシアの伝統である。
レオンスカヤのシューベルト(独奏曲)はこれで完結、
すると主要な作品でも何曲か残っており、惜しい。
この2曲を一遍に聞いてしまうのは、贅沢である。
どちらもそれだけの重みがあって、感動的だった。

WARNER 0190295974954

|

« 落語につぶやき 292~残り富 | トップページ | マルク・アンドレ・アムラン 11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリーザベト・レオンスカヤ 5:

« 落語につぶやき 292~残り富 | トップページ | マルク・アンドレ・アムラン 11 »