« スティーヴン・オズボーン 5 | トップページ | ロディオン・シチェドリン 1 »

2018年4月24日 (火)

スティーヴン・オズボーン 6

スティーヴン・オズボーンでリストの詩的で宗教的な調べ
6. 眠りから目覚めた御子への讃歌、7. 葬送曲、
8. パレストリーナによるミゼレーレ、
9. アンダンテ・ラクリモーソ、10. 愛の讃歌、後半の5曲。
2002年12月28-30日にヘンリー・ウッド・ホールで収録。
リストの敬虔な信仰心が顕著に表れている作品であり、
その清らかな美しさに感動するのだが、興味深いのが、
有名な「葬送曲」においても派手さがなく、実に控えめで、
単独で演奏されるのと違って、この一連の作品にあると
印象も変わってくる。1849年10月に亡くなったショパンを
追悼する曲と以前は考えられていたが、最新の研究では、
ハンガリー革命における祖国のために命を落とした者を
哀悼する曲であるとされているらしい。統一された色調で
スティーヴン・オズボーンの描き出す世界観が素晴らしい。

hyperion CDA67445

|

« スティーヴン・オズボーン 5 | トップページ | ロディオン・シチェドリン 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/66647456

この記事へのトラックバック一覧です: スティーヴン・オズボーン 6:

« スティーヴン・オズボーン 5 | トップページ | ロディオン・シチェドリン 1 »