« チコちゃんに叱られる | トップページ | スティーヴン・オズボーン 5 »

2018年4月22日 (日)

黒門亭で小袁治・小満ん・扇兵衛

小袁治師匠と小満ん師匠で黒門亭に行ってきた。
実は今日が誕生日でお祝いしてくれているような
秘かにひとりで盛り上がっている一日であった。

第1部 二ツ目がトリ
柳家小ごと:たらちね
柳家小袁治:長短
柳家小満ん:雁風呂
月の家小圓鏡:たけのこ
林家扇兵衛:幇間腹

記録を見たら、二か月前に小ごとさんを聞いたときも
「たらちね」だったようで、どうも気になってしまうのが、
隣のお婆さんの声色であって、無理に年寄りの声を
作らなくてもいいのではないかと思う。落語の場合。
二ツ目がトリを取る企画なので、今日はベテランから、
「たらちね」の後なので、結婚式の司会のマクラから
夫婦は性格が不一致している方が長続きするという、
その流れで「長短」である。この自然な入り方は素敵。
噺は短めだが、小袁治師匠の「長短」は大好きだ。
この簡潔さでたっぷりの満足度であり、というのは、
「長短」という噺は、間の使い方、細かい所作の扱い、
様々な要素が盛り込まれているのであり、実に深い。
穏やかな長さんと短気で荒っぽい短さんの描き分け、
しかしその違いが際立ちすぎては、わざとらしいし、
小袁治師匠はきっちりと変化を付けながらも自然体。
「雁風呂」は、この数年、小満ん師匠のお気に入り。
春、常盤の国に雁が帰るときに大量の柴が残って、
それだけの命が失われたのかと、雁の供養をして、
残された柴を焼いて、風呂を沸かし、振る舞いをする、
それが雁風呂の由来であり、その点では春の噺かと、
春の季語にもなっているそうだが、そういえば師匠も
この季節に取り上げていた。圓生師匠の「雁風呂」が
残されているのだが、淀屋辰五郎の詳細に関しては、
小満ん師匠が調べ直して、史実に基づき、いろいろと
修正を加えているので、理解も深まって、愛着もあり、
師匠にとってのお気に入りとなっているのであろう。
仲入り後は小圓鏡さんの「たけのこ」、「筍」であり、
まさにいまが「旬」の噺だけど、聞いているとやはり
喜多八師匠を思い出す。小圓鏡さんも喜多八師匠に
教わったのではないかと思うのだが、雰囲気は違うけど、
言葉の端々から喜多八師匠の空気感が伝わってくる。
第1部のトリは扇兵衛さんで、ネタ出しの「幇間腹」だ。
道楽を尽くした若旦那が、もう何もすることがないって
「木久蔵ラーメンで焼そばを作っちゃった」というのは、
面白かったのだが、木久扇一門のネタがあちこちに
頻繁に出てくるのは、慣れないとどうも違和感がある。
芸風だし、わかりやすく、ウケるので仕方ないけれど、
勢朝師匠の彦六ネタみたいなもので、時間をかけて、
扇兵衛さんの芸として定着していけば、さらにこれから
噺の展開の中においても必然性が生まれてくるだろう。

20180422

|

« チコちゃんに叱られる | トップページ | スティーヴン・オズボーン 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で小袁治・小満ん・扇兵衛:

« チコちゃんに叱られる | トップページ | スティーヴン・オズボーン 5 »