« 東京の風景から 76~品川神社 | トップページ | パーヴァリ・ユンパネン 7 »

2018年4月 2日 (月)

嫌なものを目撃した!

うちと上の農家の間に青地(国有地)があって、
1mほどの幅で入っていて、昔の農道らしいのだが、
それは隣りの建売現場と農家の間も同じであり、
その建売工事が、説明なく国有地を切り崩して、
雨のたびに畑の土が流れ出したものだから、
先週半ばに農家のおじいさんが激怒である。
金曜日、国有地を管理する関東財務局を呼んで、
元に戻せと業者を指導するようクレームしていたが、
どうも金曜の午後、早速、業者に連絡はしたようだけど、
日曜の間にそこにツツジか何かを植えて、木を植えて、
今朝、農家のおじいさんに土が流れないようにしたので
これで許してよって。それから先がすごかったのだが、
耕運機を入れて作業したいので、農家の敷地を通り、
一日、5000円でお礼をすると買収しはじめたのである。
結局は金で解決か!でも農家が負けていなかったのは、
「今日か、明日か、もう死ぬかも知れねえんだから
金なんか貰ったって、仕方ねえや」って、買収を拒否。
「金なんて、あの世に行ったら、何の役にも立たねえ」
それに対し建売業者の社長は、「そんなこといわないで、
まだがんばろうよ。酒は好きなの?飲むんでしょ?」
「酒なんて、飲まねえ。」「今度、酒を持って来るよ。」
「食事の前に焼酎は飲む。グレープフルーツが旨い。」
どうも缶のチューハイのことのようで、「500がいい。」
500ml缶を要望か?サントリーのが、お好みのようで、
「一日5000円払うから、それで酒も持って来るよ。」
見事に買収されて、いいように丸め込まれていた。
金と酒か。その辺をチラつかせれば、すぐに落ちると
農家をバカにしているのは、あまりにもあからさまで、
阿漕なやり方に今時、こんな取引、まるで茶番のような
呆れるのを通り越して、コントだが、嫌なものを見た。
実に不快。後味悪く、金で黙らせるのは、卑怯である。

もう一点、国有地をいいように勝手にされているのに
管理する関東財務局は、意外に何もいわないのかと
近隣同士のトラブルには、結局は関わりたくないようで
あとは当人で上手くやってくれと逃げに掛かっている。
役人を本気で動かすには、やはり「忖度」が必要かと。

|

« 東京の風景から 76~品川神社 | トップページ | パーヴァリ・ユンパネン 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/66568936

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌なものを目撃した!:

« 東京の風景から 76~品川神社 | トップページ | パーヴァリ・ユンパネン 7 »