« ウォルフガング・サヴァリッシュ 10 | トップページ | チコちゃんに叱られる »

2018年4月28日 (土)

黒門亭でしん平・勢朝・歌武蔵

この顔付けならば、きっと面白いに違いないと
何となく誘われているような気分で行ってきた。
お昼に蓬莱屋でヒレかつ定食を食べてきた。
落語の前のランチでは高いけれど、本当に旨い。
満足度がまるで違うので、食べたくなってしまう。

第2部
柳家小ごと:強情灸
林家しん平:死なない男
柳家さん光:熊の皮
春風亭勢朝:荒茶
三遊亭歌武蔵:池田屋

前座の小ごとさんから今日は全員、絶好調な感じで
何かいい空気になっているのか、本当に面白かった。
お客の空気なのか?それとも楽屋の雰囲気なのか?
勢いがあって、熱気に湧いて、実に楽しいこの時間。
予想が当たった喜びもあるけれど、笑いの密度が違う。
小ごとさんは「強情灸」のような迫力ある噺がいいのか、
上手かった。その見た目でも大きい印象があるけれど、
江戸っ子の様子で、テンポ感のある展開がよかった。
順番が変わって、しん平師匠から。恐らくかなりの昔、
まとまって稼いだ9万円のギャラを鶯谷のパチンコで
全部摩ってしまって、次の仕事までの無一文の生活、
兄弟子に助けてもらって、食いつないで、苦労の中で
作った噺が「死なない男」だそうである。題名だけは
何となく知っていたのだが、聞くのは今日がはじめて。
これが面白い!傑作。今日、間違いなく、一番笑った。
新作なので、内容は書かないが、その辺にありそうな、
リアルに感じ取れる情景であり、噺の中に入り込んで、
感情移入できるか、やはり新作は共感が大切である。
落語的奇想天外さとしん平師匠の場合には、映画的、
独特なこだわりと細部の描き込みがあるので力強い。
しっかりと映像になっているので、説得力がある。
また聞きたい。「死なない男」は覚えておいてほしい。
続いて、入れ替わって、ここで、さん光さんが登場。
お馴染みの「熊の皮」だが、落語によくある夫婦像、
おかみさんの尻に敷かれた気弱な甚兵衛さんだが、
さん光さんの独自の空気感があって、それが魅力で
何ともいい仕上がりだった。さん光さんの色が出た。
仲入り後は、歴史ものの二席であり、勢朝さんが、
こちらもお得意の「荒茶」である。三成に対抗する
加藤清正、福島正則、細川忠興らが、徳川方の
本多正信に茶会に招かれ、武将を噺家に喩えて、
面白おかしく、茶の湯の風景が描写されていく。
トリの歌武蔵さんも地噺で行く同傾向の流れだが、
こちらは幕末の「池田屋事件」。つまりは新撰組。
近藤勇に土方歳三、沖田総司と人気の志士である。
有名な大事件を次々脱線しながら面白く語っていく。
地で歴史の部分は、歌武蔵さんは講談のスタイルで
硬派な感じに侍の斬り合いで恐ろしさもあるけれど、
それが脱線するとグズグズにくだらなさ満載であって、
そのメリハリ、鮮やかさに引き込まれていたと思う。
本当に楽しくて、笑いに笑った土曜の午後であった。

20180428

|

« ウォルフガング・サヴァリッシュ 10 | トップページ | チコちゃんに叱られる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭でしん平・勢朝・歌武蔵:

« ウォルフガング・サヴァリッシュ 10 | トップページ | チコちゃんに叱られる »