« ロディオン・シチェドリン 2 | トップページ | 圓朝速記~真景累ヶ淵(四五) »

2018年5月 2日 (水)

カラヤンの1980年代 43

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリンフィルで
ブラームスの交響曲全集を収録順に聞いてきた。
交響曲 第3番 ヘ長調 作品90
交響曲 第4番 ホ短調 作品98
1988年10月にベルリンのフィルハーモニーで収録。
カラヤン最晩年の録音だが、翌年の7月に亡くなって、
そういえば、この2曲の交響曲って、追悼盤として、
死後に発売されたような記憶がある。いま思いだした。
しかしカラヤンの気合いが凄まじくて、集中力も充実、
やはり感動的だ。カラヤンのブラームスは最高である。
でも何となくだが、録音があまりよい印象ではなくて、
渋めの音色でいかにも重厚なのだけど、その要因は、
録音の出来によるものなのではないかと。流麗であり、
テンポ設定も速めに勢いがあるので、実際の音は、
もっと艶やかに高音にも色があったのではないかと。
しかし本当に素晴らしくて、深く引き込まれてしまう。

DG 00289 477 9761

|

« ロディオン・シチェドリン 2 | トップページ | 圓朝速記~真景累ヶ淵(四五) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラヤンの1980年代 43:

« ロディオン・シチェドリン 2 | トップページ | 圓朝速記~真景累ヶ淵(四五) »