« 5月15日の感想 | トップページ | 第145回 柳家小満んの会 »

2018年5月16日 (水)

圓朝速記~真景累ヶ淵(四六)

続いて、お賤宅に村の者が訪ねて来て、
新吉は戻るが、お累は子供を抱いて自害していた。
野辺の送りを済ませ、三蔵からの援助もなくなり、
家を人手に渡して、惣右衛門の看病といっては、
お賤のところにしけ込んでいた。新吉は親切だと
すっかり旦那に遺言を書かせて、そしてある夜、
新吉はお賤に惣右衛門殺しを持ちかけられる。

お賤「(前略)新吉さん無理な事を頼む様だが、
お前私を見捨てないと云う証拠を見せるならば
今夜見せてお呉れ」
新吉「何(ど)うしよう」
お賤「うちの旦那を殺してお呉れな」

|

« 5月15日の感想 | トップページ | 第145回 柳家小満んの会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 圓朝速記~真景累ヶ淵(四六):

« 5月15日の感想 | トップページ | 第145回 柳家小満んの会 »