« 5月5日の感想 | トップページ | ズデニェク・マーツァル 3 »

2018年5月 6日 (日)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「こんにゃくの黒いつぶつぶは何?」
ひじきなどの海藻が入っている。
こんにゃくは、古くは旬の時期にしか、
食べることができなかった。その当時は、
こんにゃく芋を皮ごとすりおろし、固めて、
作っていた。その後、こんにゃく芋を乾燥、
粉末にし、一年中、作れるようになったが、
白いので、旬のこんにゃくに似せるために
ひじきなどを加えて、黒く色付けしている。

「足の小指をなぜタンスにぶつける?」
自分が思っているより1cm外側を歩いている。
男女や年齢差に関係なく、脳が位置を正確に
認識できていないのであり、上下のずれで
段差につまずいたり、前後のずれによって、
つま先がぶつかるようなことも起きている。

「子供はなぜ寝相が悪い?」
子供は深い眠りに陥る回数が多く、その際に
姿勢を制御する機能がなく、寝相が崩れてしまう。
大人が寝相の悪い場合には、お酒の飲み過ぎ、
睡眠不足の原因が考えられ、注意が必要。

「野球帽のてっぺんは何という?」
梵天(ぼんてん)という。尖った生地を
てっぺんでまとめる役割がある。

「クジラはなぜ大きくなったのか?」
クジラの祖先は、「パキケタス」といって、
陸上で生活していた。テチス海という
インドの近くの浅瀬に生息していたが、
地形が変わり、海での生活を選んだ。
氷河期になり、空気が冷やされ、海中では
対流が起こり、大量のオキアミが発生した。
それを食べ、体は大きくなり、オキアミの多い
北の海に行くため、体は皮下脂肪を蓄えた。

「ドライヤーの冷風はなぜ?」
温風から冷風への切り替えは、髪に艶を出す。
髪は濡れるとキューティクルが剥がれだして、
主成分のタンパク質が流れ出る原因にもなるが、
仕上げの冷風でキューティクルが閉じ、艶が出る。

「北海道だけなぜ道という?」
江戸時代以前の日本は、五畿七道に区分され、
北から東山道、北陸道、東海道、畿内、山陰道、
山陽道、南海道、西海道と八つに分けられていた。
函館周辺の松前藩までであり、それより北の地は、
アイヌ人の住む蝦夷地であった。明治になって、
ロシアがシベリアに進出し、日本政府は対抗して、
蝦夷も含め、現在の北海道を日本の領土とした。
函館県、札幌県、根室県と三県に分かれていたが、
人口も少なく、一つにまとめることとし、その際に
伊勢国の松浦武四郎に新しい名称を考えるよう
要請をした。松浦武四郎は、十三年間、蝦夷地を
旅してまわり、この地に精通していた。アイヌ語で
「加伊」は「この国に生まれた者」という意味であり、
「北加伊道」と名付け、字を改め「北海道」となった。

|

« 5月5日の感想 | トップページ | ズデニェク・マーツァル 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チコちゃんに叱られる:

« 5月5日の感想 | トップページ | ズデニェク・マーツァル 3 »