« ルツェルン音楽祭2010 | トップページ | 京大阪の地震 »

2018年6月19日 (火)

ルツェルン音楽祭2010

クラウディオ・アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団による
ベートーヴェンの歌劇「フィデリオ」から第2幕を聞いている。
2010年8月12,15日にルツェルン文化会議センターで収録。
アバドの音作りは、隅々にまで明瞭に響いて、透明感があり、
引き締まったテンポ設定だが、暗く冷たい監獄の場面では、
何とも深く陰影に富んだ音色を引き出して、その印象では、
オーケストラの編成は、決して小さいわけではないらしい。
それでこの細やかな配慮がすべてに行き渡っている音楽を
生み出せるアバドの指揮というのは、やはり最高の感動だ。
第2幕では、注目はヨナス・カウフマンのフロレスタンである。
囚われの身であり、やつれているような弱々しさを出しつつ、
声の伸びが超絶的。その存在感にはとにかく圧倒された。
ドン・ピツァロは逆に投獄され、フロレスタンは見事に勝利し、
群集の祝福で盛り上がる後半だが、緊張感のある加速で、
これは演奏会形式ならではの集中力なのかもしれないが、
あまりにも素晴らしくて熱くなってしまった。これは名盤!

DECCA 478 2551

|

« ルツェルン音楽祭2010 | トップページ | 京大阪の地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルツェルン音楽祭2010:

« ルツェルン音楽祭2010 | トップページ | 京大阪の地震 »