« フランソワ・グザヴィエ・ロト 1 | トップページ | ロリン・マゼール 38 »

2018年7月31日 (火)

カティア・ブニアティシヴィリ 1

カティア・ブニアティシヴィリのラフマニノフを聞いている。
ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調と第3番 ニ短調
パーヴォ・ヤルヴィの指揮によるチェコフィルと協演。
2016年11月11,12日にプラハのルドルフィヌムで収録。
カティア・ブニアティシヴィリの音楽は感情の起伏も大きく、
変化の激しい表現であると基本的にはそう思っているのだが、
しかしあまりそういう感じに聞こえてこないところがあって、
それは驚異的なテクニックとシャープな表現による鮮やかさ、
スピード感覚における、爽快に駆け抜ける快適な空気感で、
強烈な個性を示している。そしてここでは、実に効果的に
繊細な弱音を盛り込んで、ラフマニノフの音楽の美しさが
最大限に発揮されている。パーヴォ・ヤルヴィの求める音も
それに合わせて、透明感のある響きをオーケストラから
引き出しており、これは感動的だ。引き締まった表情には
力強さも秘められているけれど、濃厚にならないところで
豊かな音楽が凝縮されており、これは名盤。満足度が高い。

SONY 88985402412

|

« フランソワ・グザヴィエ・ロト 1 | トップページ | ロリン・マゼール 38 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カティア・ブニアティシヴィリ 1:

« フランソワ・グザヴィエ・ロト 1 | トップページ | ロリン・マゼール 38 »