« 圓朝速記~真景累ヶ淵(四九) | トップページ | 新府の桃の風景 »

2018年7月17日 (火)

7月17日の風景~上田

母方の祖母は長野県の上田の生まれだが、
若い頃に一家で東京に移り住んできて、
昭和30年代までは、先祖の墓が上田の寺に
あったそうだけど、すでに記録は失われていて、
先祖のルーツを探りに上田市を訪れてみた。

山梨県北杜市大泉町の叔父の家に
埼玉の叔父も集合して、揃って上田へ。

20180717a

上田の駅前にある「よろづや」というお蕎麦屋さんが
遠い親戚にあたると母が祖母から聞いていたそうで
食事をして、会計を済ませ、ちょっと聞いてみたところ
接客をしていた若い男の子が店の息子さんで
厨房にいる現在のご主人を呼んできてくれて、
唯一、祖父が残したアルバムにある白黒写真で
墓参の折の祖母の姉妹の写真を見てもらうと
そのうちの一人が「これは私のおばあさんです」と
それで「この墓はうちの墓のところです」って、
菩提寺と墓地の場所が分かった。奇跡が起きた。

20180717b1

20180717b2

「よろづや」の長田さんに教えていただいて、
浄楽寺というかつて菩提寺だったお寺にお参り。
50年前のことだが、このお寺にお世話になっていた。

20180717c

少し離れた山の上にある浄楽寺の墓地。
もちろん墓はないが、古い先祖はこのどこかに
眠っていると思う。当時は土葬だったようで
墓を移すときにその場所の土を持ってきたらしい。

20180717d1

20180717d2

20180717d3

20180717d4

20180717d5

古い戸籍謄本に載っている祖母の父、
祖母の祖父の本籍地付近。現在の上田市上田。

|

« 圓朝速記~真景累ヶ淵(四九) | トップページ | 新府の桃の風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月17日の風景~上田:

« 圓朝速記~真景累ヶ淵(四九) | トップページ | 新府の桃の風景 »