« 第146回 柳家小満んの会 | トップページ | チコちゃんに叱られる »

2018年7月20日 (金)

小満ん語録~荷足船

少し前だが、13日の日本橋での小満んの会での
「涼み船」による師匠の一句から「荷足船」について。
荷足船(にたりぶね)は、東京湾、相模湾あたりで
使われていた小型の和船とある。猪牙船よりは大きく、
主として荷船として利用され、幅が狭く,船足が速く、
飛脚船としても使われていたらしい。「涼み船」で
炎天下に船の上で太鼓を叩いてバカ騒ぎをするが、
師匠と栄さんを乗せた川遊びの屋根船に対して、
こちらの船は荷足船であったのだ。速いそうなので
三味線の音色も漏れて優雅に進んでいる屋根船に
あっという間に追いついてしまうのもよくわかる。

|

« 第146回 柳家小満んの会 | トップページ | チコちゃんに叱られる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小満ん語録~荷足船:

« 第146回 柳家小満んの会 | トップページ | チコちゃんに叱られる »