« クリスティアン・ティーレマン 3 | トップページ | 8月10日の感想 »

2018年8月 9日 (木)

ダヴィッド・フレイ 1

ダヴィッド・フレイでシューベルトとリストを聞いている。
シューベルトのさすらい人幻想曲 D.760
リスト編曲によるシューベルトの歌曲で
「君はわが憩い」、歌曲集「白鳥の歌」~「影法師」
リストのピアノ・ソナタ ロ短調という選曲である。
2005年2月7-9日にサンティレネのドメーヌ・フォルジェ。
ケベック州サンティレネで23歳のダヴィッド・フレイによる
カナダでの収録。メジャーレーベルでの録音がはじまり、
世界的に知られるようになったのは、この少し後のことか?
細やかな表情付けがたいへんに印象的で、伴奏の音型も
豊かな響きを奏でて、素晴らしい。深みのある音色であり、
繊細さよりもしっかりと重厚に鳴らしている仕上がりだが、
リストのソナタでの無理のない滑らかな流れは魅力的だ。
丁寧な表現の中に作品を大切にする想いが伝わってくる。
リストによって、ピアノ独奏用に編曲された2つの歌曲が
ふたりの作曲家をつなぐ役割を果たしているが、これが
また独特な色合いを生み出して、そこにセンスを感じる。

ATMA ACD2 2360

|

« クリスティアン・ティーレマン 3 | トップページ | 8月10日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/67039380

この記事へのトラックバック一覧です: ダヴィッド・フレイ 1:

« クリスティアン・ティーレマン 3 | トップページ | 8月10日の感想 »