« ロディオン・シチェドリン 4 | トップページ | ベルナルト・ハイティンク 31 »

2018年8月23日 (木)

マルク・アンドレ・アムラン 14

マルク・アンドレ・アムランでアイヴズとバーバーの作品。
アイヴズのピアノ・ソナタ 第2番「コンコード・ソナタ」、
バーバーのピアノ・ソナタ 作品26
アイヴズでのフルート独奏は、ジェイミー・マーティン。
2004年4月5,6日にヘンリー・ウッド・ホールで収録。
アイヴズの「コンコード・ソナタ」は、アムランやエマール、
最近ではツィモン・バルトという、録音は多くないのだが、
演奏するのが困難であり、聞くのもまた実に難解である。
曲をどう捉えればいいのか?厄介な問題を抱えつつも
しかし響きは美しく、ハッキリと心地よさが存在していて、
ピアノの音色が心に訴えかけてくるのを感じるのだが、
素晴らしい作品である。といって、説明するのは無理。
バーバーも似ている印象である。はじめて聞いたが、
鮮やかに気持ちよく聞かせてくれるアムランに感謝だ。

hyperion CDA67469

|

« ロディオン・シチェドリン 4 | トップページ | ベルナルト・ハイティンク 31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルク・アンドレ・アムラン 14:

« ロディオン・シチェドリン 4 | トップページ | ベルナルト・ハイティンク 31 »