« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月30日 (日)

9月30日の感想~レモスコ

昨日は雨だったけど、台風の前に日本橋三越へ
「日本伝統工芸展」を見に行ってきたのだが、
銀座に寄って、広島県のアンテナショップで
「レモスコ」を買ってきた。以前にテレビで見て、
ずっと気になっていたが、やっと手に入れた。
レモスコは、レモンのタバスコで、広島レモン、
海人の藻塩、九州産青唐辛子による辛味、
爽やかな味でこれは気に入った。おすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「東海道新幹線はなぜ青と白?」
新幹線の色を決める会議の席で机の上にあった
タバコの箱の青と白のイメージを参考にした。
タバコの「hi-lite」の箱を見て、これでどうだろう
という意見にみなが賛同してその色に決まった。
「hi-lite」は当時、世界最高の売り上げを記録。
この頃の車輌は、ブレーキの鉄くずで汚れたが、
新幹線では改良し、鉄くずが出なくなったことで、
車体を白く塗装することができるようになった。
新幹線ブルーとして、青20号で登録されている。

「なぜマイクを持つと小指がピーンと立つのか?」
人間はそっとモノをつまもうとすると小指が
ピーンと立つ。人間がモノを持つとき、握ると
つまむの二種類がある。つまむは握る動作に比べ、
曲げる力を弱める。筋肉の動きが違っており、
小指には小指伸筋があって、独立して動かせる。

「大阪のおばちゃんはなぜアメにちゃんを付ける?」
豊臣秀吉は大阪に商人の町を作った。
天下の台所ともいわれ、丁寧な言葉使いが求められ、
京都を参考に「船場ことば」を作り上げた。そこでは、
「さん」を付ける。「ちゃん」は親しみが込められており、
アメについては、アメさんではなく、アメちゃんとなった。
大阪市平野区の界隈で、アメが名物となっていたが、
大阪のアメ消費量はというと全国44位で少ない。

「なぜビールはたくさん飲めるのか?」
水はそれほどには飲めないが、ビールはたくさん飲める。
ビールの中にある特定成分が消化管運動を促進する。
胃の中のものを先へ送り、消化器官の活動が促進される。
胃を広げる効果もあり、体から水分を出す効果もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

横浜の風景から 536~常盤園

相鉄線の本を読むと和田町駅はかつて、
「常盤園下」という駅名であったらしい。

20180928a

横浜市建築局都市計画課の昭和18年の地図を見る。
たしかに「たしんゑはきと」とあった。「常盤園下」である。
場所は現在の和田町よりも少し星川寄りであったらしい。

20180928b

常盤園とは明治時代の岡野欣之助の別荘であったらしい。
祖父の岡野良親は保土ヶ谷宿の豪商であり、遺志を継ぎ、
岡野新田の開発を成し遂げたのが、父岡野良哉であった。
現在の西区岡野の周辺で、岡野公園や岡野神社もある。
岡野欣之助は、岡野家の広大な別荘を一般に公開して、
運動施設もある公園に造成し、「常盤園」と名付けた。

20180928c

昭和38年の地図では、現在の位置で和田町駅である。
常盤園下駅は、戦後休止していたのだが、和田町駅は、
現在の場所に移転して、昭和27年(1952)に開業。

20180928d

昭和17年(1942)、常盤園の一部(1/6)を横浜市が買い入れ、
それが現在の常盤公園であるらしい。かつて大学への通学で
毎日、公園を通り抜けていた。前身の程ヶ谷カントリー倶楽部、
そして横浜国立大学のキャンパスも古くは岡野家の常盤園だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

ロリン・マゼール 40

ロリン・マゼール指揮ピッツバーグ交響楽団で
チャイコフスキーの交響曲 第2番 ハ短調「小ロシア」
R.コルサコフの交響曲 第2番 嬰ヘ短調「アンタール」
1986年3月17日にピッツバーグで収録されている。
マゼールのチャイコフスキーを1980年代の録音から
聞いてきたが、これまではクリーブランド管弦楽団で
その後、1986年にピッツバーグ交響楽団と第2番だけ
再録音されている。明るい音色で実に滑らかな仕上がり、
洗練された響きだけど、よく歌い込まれていて、感動した。
クリーブランド時代のドライな感覚からは大きく脱皮して、
非常にバランスの取れた音作りはマゼールならではだ。
チャイコフスキーの「小ロシア」とは、ウクライナのことで
一方の「アンタール」とは、アラビアの詩人だそうであり、
R.コルサコフの東洋趣味で中東の民謡が入っているとか。
「シェエラザード」に近いような印象だけど、どちらの曲も
独特な雰囲気があって、楽しくてたまらない。最高だ。

TELARC CD-80131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

圓朝速記~真景累ヶ淵(五十)

土手の甚蔵がお賤のところで強請る場面の続き。

お賤「新吉さんは兄弟分か知りませんが、
私はお前さんを知りません、(中略)
何もお前さん方に三拾両の大金を強請(いたぶ)られる
因縁は有りません、帰ってお呉れ、出来ませんよ、
ハイ三文も出来ませんよ」

お賤の啖呵は本当にすごい。度胸が据わって。

甚蔵「然(そ)う腹を立っちゃア仕様がねえ、え、おい、
(中略)馬の腹掛を着て頼むのだから、
お前さん三拾両貸して呉れても宜(よ)かろうと思う」

馬の腹掛だからと強請るのはちょっと意味不明。
博打で取られて、裸にされて、馬の腹掛で来た。

甚蔵「なに、何うしたも斯(こ)うしたもねえ、
新吉此処へ出ろ、エヽおい、咽喉頸(のどっくび)の筋が
一本拾両にしても二十両が物アあらア」
新吉「マア黙って兄(あんに)い」
甚蔵「何でえ篦棒(べらぼう)め、己が柔和(おとな)しく
して居るのだから文句なしに出すが当然(あたりめえ)だ、…」

新吉のここでの少々情けない慌てぶりは面白い。
べらぼうって、漢字で書くと「篦棒」なのだ。

新吉「何だって、いけねえ事に成って仕舞った、
旦那の湯灌の時彼奴(あいつ)が来やアがって、
一人じゃア出来ねえから手伝うといって、仏様を見ると、
咽喉頸(のどっくび)に筋が有るのを見付けやがって、
ア屹度(きっと)殺したろう、殺したといやア黙ってるが
云わなけりゃア仏様を本堂へ持って行って
詮議方(あらいかた)するというから、驚いて
否応(いやおう)なしに種を明(あか)した」
お賤「アレ/\あれだもの、新吉さん、それだもの、
本当に仕方がないよ、彼(あれ)までにするにゃア、
旦那の達者の時分から丹精したに、彼(あ)の悪党に
種を明して仕舞って何うするのだよ、幾ら貸したって
役に立つものかね、側から借りに来るよ彼奴(あいつ)がさ」

お賤の呆れ顔を思い浮かべると本当に面白い場面である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

ミヒャエル・ギーレン 32

ミヒャエル・ギーレン・エディション(第7集)から
シュトゥットガルト放送交響楽団の演奏で
ラヴェルの優雅で感傷的なワルツ(1975.10.10)
シュトゥットガルトのSDRスタジオ・ベルク、ゼンデザールII、
後半は、南西ドイツ放送交響楽団の演奏で
スクリャービン 交響曲 第3番「神聖な詩」(1975.5.22,23)
バーデンバーデンのハンス・ロスバウト・スタジオ、
ラヴェルのラ・ヴァルス(1993.3.24)
ケルン・フィルハーモニーで収録されている。
スクリャービンの交響曲「神聖な詩」は、再発売である。
この演奏は聞いているのだが、あまりにも久しぶりで
気分的には、ほとんどはじめて聞いているようなものだ。
ギーレンが色彩的な音を聞かせて、濃厚に歌い上げるが、
でもやはり音楽の輪郭はハッキリとして、きびきびと動き、
引き締まった解釈なのだと思う。第3楽章の爽快な響き、
流れるような表現は何とも気持ちよくて、こうしたところは、
あまりロシア風にもこだわらないし、現代的なのだと思う。
最後のラ・ヴァルスは少し新しく、1993年の録音だが、
これは最高だ。背景に埋もれがちな音も実に彫りが深く、
まさにギーレンならではの音作りに夢中になってしまう。

SWR>>music CD-No.SWR19061CD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

フローリアン・ウーリヒ 2

フローリアン・ウーリヒでラヴェルの作品を聞いている。
クープランの墓(2012.11.5-8)、前奏曲 イ短調(2012.6.8-10)、
ダフニスとクロエ(交響的断章)、ラ・ヴァルス(2013.11.20-23)
カイザースラウテルンのSWRスタジオで収録されている。
ハッキリとした色合いでテクニックも鮮やかに力強い運動性。
何となくオーケストラに関係のある曲が選ばれているような。
バレエ「ダフニスとクロエ」からの交響的断章ははじめて聞く。
オーケストラの方が大好きで、ピアノで聞いても実にいい。
それはやはり管弦楽版の方がいいが、そちらが頭にあって、
イメージがあるとピアノはまた違った味わいに感じられる。
ラ・ヴァルスも連弾の方が有名だが、でも最近は独奏でも
よく聞けて、それは2本の手、10本の指のピアノで聞いても
オーケストラに比べて、少しも物足りなさを感じないのである。

Hanssler CD-No.93.318

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜の風景から 535~昭和14年

横浜ユーラシア文化館の上で4階にある
横浜都市発展記念館の展示の中に
横浜市の拡張の歴史が紹介されていた。

20180924a  20180924b

横浜市建築局都市計画課が公開している
横浜市の昭和初期(昭和3~28年)の地図を見ると
私がよく知る範囲で瀬谷区や泉区の地図がないのだが、
現在の旭区で都筑郡都岡村と二俣川村が保土ヶ谷区に
編入されたのが昭和14年であり、つまりそれ以前は、
横浜市ではなかったのだ。同じく都筑郡の新治村は、
港北区へ編入、現在の新治・三保周辺は緑区である。
また鎌倉郡の瀬谷村と中川村は戸塚区に編入され、
後に瀬谷は瀬谷区に中川は戸塚区から泉区に変更。
すべて昭和14年の第6次横浜市拡張計画である。

昭和44年の戸塚区の分割をもう少し正確に書くと、
旧瀬谷村と旧中川村内の阿久和町が瀬谷区となり、
中川村の他の地域は戸塚区、さらに後の昭和61年、
新橋町と岡津町が戸塚区から泉区に分割されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

横浜の風景から 534~日本大通

横浜ユーラシア文化館にバリ島の伝統衣装を紹介する
「バリを抱きしめて」という展覧会を見に行ってきたのだが、
かつて横浜市外電話局だった歴史的建造物(1929)からは
ちょうど正面にKRC BUILDING(1973)が見える。

20180923a

20180923b

20180923c

アントニン・レーモンドの設計で学生の頃から知っていたが、
当時はあまり興味なかったのだけど、いま見るとなんと美しい。
好みが変わったというよりも昔はこの価値がわからなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「考えごとをするとなぜ上を向くのか?」
考えるとき、脳は大量の情報を処理しようとする。
目から入る情報が多く、上を向いて、遮断しようとする。
心理学では、過去のことを考えるとき、左上を見て、
未来のことを思うとき、右上を見るといわれている。

「なぜ温泉旅館の部屋にはお菓子が置いてあるのか?」
体のエネルギー源は、主に糖である。空腹のまま、
温泉に入るとますます血糖値が下がってしまう。
温泉旅館では、体調を壊さないように部屋にお菓子を
用意している。入浴の一時間ぐらい前に食べるとよい。

「日本の中心はどこ?」
特に定まっておらず、たくさんある。確認できるのでも
28か所はある。北海道から九州を円で囲ったときの
中心が群馬県渋川市。日本のへそともいわれる。
兵庫県西脇市はゼロポイントといわれており、
東経135度と北緯35度が交わるところ。
本州の重心は長野県小川村、本州の中心碑がある。
岐阜県郡上市は人口の重心。しかしそれは過去で
現在は人口のバランスが変化し、岐阜県関市である。
などなど、いろいろだが、青森県東北町では、かつて
蝦夷征伐の坂上田村麻呂が、この地を中心と定め、
「日本中央」の碑がある。よって様々な中心がある。

「1gって何の重さ?」
パリ郊外セーブルという街の国際キログラム原器で
重さの単位が定められている。1gは、その金属の
1/1000であり、日本ではアルミの1円玉の重さ。
今年11月、新しい重さの基準が決められる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小満ん語録~斗酒

一昨日の小満んの会に関する師匠の句から
「斗酒尚辞さず」について、調べてみると
「一斗の酒も辞退せずに平気で飲む」
大酒飲みのことをいうそうで、五升に五升で
一斗の酒を飲んだ久蔵さん、「試し酒」である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

アルフレッド・ブレンデル 24

アルフレッド・ブレンデルのウィーンでのライブ録音。
シューマンのピアノ協奏曲 イ短調 作品54
サイモン・ラトルの指揮によるウィーンフィルと協演
2001年3月11日にウィーン楽友協会大ホールで収録。
ブラームスのヘンデルの主題による変奏曲とフーガ 作品24
1979年6月4日にウィーン・コンツェルトハウスで収録。
ラトルと協演した2001年のウィーンフィルでのコンサートは、
ブレンデルの記念コンサートだったと記憶しているのだが
たしか前半にモーツァルトの「ジュノム」を演奏して、間には、
R.シュトラウスのメタモルフォーゼン、そしてこのシューマン、
そのコンサートではないかと思われる。70歳記念の演奏会。
2001年のブレンデルは、重厚な表現を取り入れて、ときに
繊細な響きも聞こえるのだが、そのコントラストを有効に
何ともロマンティックな仕上がりである。スケール雄大に
ゆったりとした演奏で、全然違うけど、ミケランジェリの
後年のシューマンを思い出してしまった。ブラームスは、
1979年の録音で、20年以上も前ということになって、
音の印象がかなり違って、続けては、少々聞きにくい。
演奏は素晴らしく、この曲の録音をなぜ残さなかったのか?
それは残念であり、貴重な録音といえる。ブレンデルは、
1980年代に変奏曲を熱心に取り上げて、録音も行ったが、
その中に組み込まれてもおかしくなかった。聞きたかった。
当時の雑誌にゴルトベルク変奏曲も弾くと述べていた。

DECCA 483 3288

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

第147回 柳家小満んの会

横浜での小満んの会で夕方から吉野町へ。
思ったよりもひどい雨で駅に着くとずぶ濡れ。
気温は低く、寒いぐらいだが、歩くとまだ暑い。

金原亭小駒:強情灸
柳家小満ん:お見立て
柳家小満ん:疝気の虫
柳家小満ん:試し酒

三席ともすごくよかった。明るく楽しい噺ばかりである。
機会も多いお馴染みの「お見立て」だが、師匠で聞くのは
今回がはじめてだ。いま風な感じとはどこか違って古風。
師匠が教わったときの当時のスタイルをしっかり守って、
その空気感が何か独特であり、ここでもそれが心地いい。
田舎から通ってくるお大尽は、信州のお方だそうである、
汽車で上野に着くと旅館にも立ち寄らずに喜瀬川の元へ
真っ先にやって来るという。いかにも明治の雰囲気だ。
長野まで鉄道が開通しており、碓氷峠を便利に越えて、
毎月、東京にやって来る(信州のお大尽は毎月来る)
というと思い浮かべるイメージとは違って、大正かも?
また喜瀬川は、御職の花魁だそうである。それゆえの
気位の高さかもしれないが、ならばいくら金を積んでも
信州のお大尽が相手にされるわけがない…ということ。
その辺の細かな設定って、あまり聞いたことがなかった。
喜助が上手に言い訳をしていくのだが、それを上回る
お大尽の強引な追及に詰めの甘さが露呈して、そこは
若い衆のいい加減さによるものだけど、やはり面白い。
そして小満ん師匠の「疝気の虫」というのもはじめてだ。
「虫が起こる」「腹の虫がおさまらない」などなど、虫も
いろいろあって、そこから秋の虫の鳴き声の話題となり、
この9月に「疝気の虫」が出たのには、理由があった。
先生も秋の夜長で、書見の最中にウトウトしてしまう。
他のでは、疝気の研究をしている先生ということに
なっていたようにも思うのだが、小満ん師匠のでは、
そこまで専門に研究しているのではなく、患者の中に
疝気もちがいて、その治療について気になっている、
という程度、親切なお医者ならば、ありそうなことかと
そこがいい。サゲについては、疝気の虫は陰嚢に隠れ、
そこを別荘と呼び、蕎麦につられて、おかみさんの口に
飛び込むのだが、唐辛子の汁を飲まれたものだから、
逃げようものにも別荘がないという考えオチである。
仲入り後、三席目は「試し酒」であった。こちらの噺は
日本橋で数年前に聞いている。今回もすごくよかった。
以前も書いていると思うけど、五升の酒を飲むのに
一升の盃で五つの場面で構成されているのであり、
それぞれに見せ場、物語があって、よくできている。
特に好きなのが、四升目はそれまでと様子が変わり、
久蔵の飲み様を見ながら、旦那の方が酒の蘊蓄で
冷静を装いながらもその豪快な飲み方に驚かされて、
旦那の口を借りて、その情景が伝わってくるのだ。
昭和初期の新作落語であり、いまはもう古典だけど、
多くの演者によって、研きに研き抜かれていると思う。
酒飲みの見せ場もあって、賑やかに盛り上がった。
ということで、次回は11月21日(水)の第148回、
「近日息子」「粗忽の使者」「富久」の三席。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

ダヴィッド・フレイ 3

ダヴィッド・フレイでバッハのパルティータを聞いている。
パルティータ 第2番 ハ短調 BWV826
トッカータ ハ短調 BWV911
パルティータ 第6番 ホ短調 BWV830
2012年9月24-26日にパリのノートルダム寺院で収録。
ダヴィッド・フレイのピアノは本当に素晴らしい。心に響く。
30年以上、ずっとバッハが苦手だった私が、このところ
聞くようにしていて、吸収しているが、その私が惹かれて、
気付くといつの間にかバッハが好きになっているような、
そんな魅力あふれる演奏である。非常に繊細な動きで
ロマンティックな空気を漂わせつつ、透明感を超越して、
清らかさすら感じられる独特な美しさ。実に聞かせる。
すべて短調の作品で統一されているが、荘厳な空気で
悲壮感もある深刻な時間にはならずに、冷たくなくて、
いつもどこか人の温もりが感じられるのが特長である。

ERATO 50999 070944 2 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

パーヴァリ・ユンパネン 11

パーヴァリ・ユンパネンでベートーヴェンを聞いている。
ピアノ・ソナタ 第1番 ヘ短調 作品2-1
ピアノ・ソナタ 第2番 イ長調 作品2-2
ピアノ・ソナタ 第3番 ハ長調 作品2-3
2012年6月にクーモ・アートセンターで収録されている。
収録順に聞いてきたが、これらの初期のピアノ・ソナタで
全集をすべて聞き終える。パーヴァリ・ユンパネンは最高!
なんて魅力的な…軽やかな表現で、透明で実に清々しく、
音楽の構造や指の運動性が隅々まで明瞭に響いてくる。
ここまで鮮やかに何もかも聞こえるのは、とにかく快適。
すべての繰り返しを実行しているが、反復をする際には、
即興的な装飾やかなり大胆な解釈が加えられており、
それも面白く、あらゆる部分で集中力は途切れない。
ベートーヴェンの緻密で揺るぎない後期の作風とは違い、
自由と余白の部分で新たな可能性が引き出されている。

ONDINE ODE1248-2D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

東京の風景から 90~天王洲

20180917d

新東海橋を渡り、天王洲の方面に行ってみる。

20180917e1

20180917e2

天王洲ふれあい橋から品川の運河を眺める。

20180917e3

その天王洲ふれあい橋。元は貨物線の鉄橋だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京の風景から 89~北品川

京急の北品川駅から東海道を八ツ山橋の方へ
少し行ったところの団子が有名な桝翁軒に行って、
それが今日は休業。実は少し前も土曜か日曜で
同じく休みであり、その時は売り切れかと思ったが
閉店してしまったのか。平日は開いているのか?

20180917a

ブックカフェのKAIDOで昼食。ピザが美味しかった。
町内の神輿を飾っている尾張屋のちょうど向かい。

20180917b

同じく近所の星野金物店。歴史を感じさせる建物。

20180917c1

20180917c2

20180917c3

北品川橋にて、船宿と屋形船が停泊する風景。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

今日の月は…月齢6.4

写真は撮っていないのだが、暗くなってきて、
西の空に月が見えて、ちょうど半分ぐらいで
調べると月齢6.4、明日が上弦の月であった。
これから毎日、夕方、月が丸くなっていくが、
覚えておかないといけないのが、9月24日、
今年の中秋の名月である。旧暦の8月15日。
ただし満月は翌日で9月25日の月齢15.4。
今年は中秋の名月と満月が一致しないのだが、
これまでを振り返っても意外に多いように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「日本人はなぜカレーが好きか?」
昭和生まれも平成生まれもカレーが好きである。
日本で食べられているのは、本場のインドと違って、
イギリスから伝わったカレーで、インドはイギリスの
植民地であったが、イギリスの船乗りたちが、
スープ状のカレーだと船上でこぼれてしまうため、
小麦粉を入れてトロミを付け、ご飯と合わせることで、
それがカレーライスのルーツとなった。日本へは
江戸時代の終わりにイギリスから伝わり、当時は
あんかけ丼が流行っていたため、日本人には
抵抗なく受け入れられた。一度に大量に出せるので、
兵隊さんに出す食事に適しており、家に戻ったときに
同じものを作らせて、カレーは広まっていった。
戦争中はスパイスが手に入らず、廃れてしまったが、
戦後の平和とともにカレーが食卓に戻ってきた。

「カスタネットの青と赤はなぜ?」
スペインのフラメンコで使われているが、日本では、
子供でも簡単にリズムが取れるようにミハルスを
改良して、カスタネットが作られた。男の子用に青、
女の子用に赤と二色用意したが、注文数が異なり、
在庫の管理が難しく、青と赤を組み合わせて、
男女兼用のカスタネットを作った。赤が下、青が上と
決めたが、どちらで叩いても鳴るようになっている。

「イライラのイラってなに?」
植物のトゲのことをいう。イラクサは、葉の裏、茎に
トゲトゲがたくさんあり、触れると不快でその感情を
イライラと表現した。現在も山口県では草花のトゲを
イラといい、鹿児島県では魚のトゲをイラという。
長崎県ではクラゲや毛虫に刺されることもイラといい、
また古くは、金平糖のトゲのこともイラといった。

「汗がしょっぱいのはなぜ?」
脳の温度を下げようと汗が出る仕組みになっている。
汗の気化熱で体の温度は下がり、血液の成分で
水分だけが汗腺から放出されるが、血しょう中の
ミネラル分が水分と一緒に出てしまうことがある。
ナトリウムと塩素であり、塩化ナトリウムになる。
血液からミネラル分が出ると熱中症になってしまい、
予防には、普段から汗をかいて、慣れることである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

落語につぶやき 294~近江八景

昨日の小満んの会で聞いてきた「近江八景」だが、
近江八景が読み込まれた女からの文を読み解く。
圓生師匠の録音があって、改めて聞いてみた。

恋しき君の面影を しばしがほども見いもせず
文の矢橋も通い路や 心かただの雁ならで
われから先の袖の雨 濡れて乾かぬ比良の雪
瀬田の夕べと打ち解けて かたき心も石山の
月も隠るる恋の闇 会わずに暮らすわが思い
不憫と察しあるならば また来る春に近江路や
八つの景色にたわむれて 書き送る あらあらかしこ

三井晩鐘(みいのばんしょう)⇒見いもせず
矢橋帰帆(やばせのきはん)⇒文の矢橋も
堅田落雁(かたたのらくがん)⇒心かただの雁ならで
唐崎夜雨(からさきのやう)⇒われから先の袖の雨
比良暮雪(ひらのぼせつ)⇒乾かぬ比良の雪
瀬田夕照(せたのせきしょう)⇒瀬田の夕べと
石山秋月(いしやまのしゅうげつ)⇒石山の月も隠るる
粟津晴嵐(あわづのせいらん)⇒会わずに暮らす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

第293回 柳家小満んの会

13日で小満んの会である。夕方から日本橋へ。
この数日、涼しくなったと思ったら、今日はまた暑い。
日本橋に着いて、開場までの時間、汗が流れていた。

柳家小はだ:たらちね
柳家小満ん:近江八景
柳家小満ん:駒長
柳家小満ん:三十石

どうも西に向かう三席だったような。気のせいか?偶然。
花魁からの文に近江八景が読み込まれている「近江八景」、
上方者の丈八と大坂に逃げる「駒長」、そして京伏見から
淀川下りの「三十石」である。「近江八景」は難解な噺だ。
最初に近江八景について、そして八景に含まれていない
膳所(ぜぜ)の説明があって、それを頭に入れないと
オチもわからないのだが、今回、ひとつ気付いたことは、
近江八景の「暮雪」「晩鐘」「夜雨」「落雁」「晴嵐」といった
呼び名が、地名を変え、こちらで馴染みの「金沢八景」と
同じであり、「八景」とはそういうものかとよくわかった。
「ぜぜ」とは「銭」のことかと思ったが、子供は銭のことを
ぜぜというそうで、それを掛けていると説明を見付けた。
近江八景を後半の噺の核心に取り入れているところで、
八卦と掛けて、易者、占い者が登場するのかもしれない。
「駒長」は好きな噺だが、でも考えてみると美人局であり、
企みについては、ひどいことである。江戸落語によくある
上方者をバカにして、でも真っすぐな丈八に心を動かされ、
お駒さんは出て行ってしまうのであり、長兵衛の間抜けさ、
その辺の抜けっぷりがおかしく、角のない噺となっている。
サゲでは江戸の名物、烏にまで、あほ~とバカにされる。
仲入り後、「三十石」である。師匠の「三十石」は大好きだ。
最初に黒門亭で聞いて、棚卸し、関内と今回で四度目。
思ったよりもよく聞いている印象。この数年、定期的に
演じられているような気がする。旅の風景で夏が似合う。
川面に照らされる東の空に昇ってきた月、夜も遅くなり、
すると満月ではなく、二十三夜の下弦の月のようだが、
噺の中では、明かりのない船の中が、月に照らされ、
すると満月のイメージ、今ならば、中秋の名月であろう。
しかし夜明けが早く、空が白んでくる描写が美しいが、
もう少し夏至に近いような感覚であり、旧暦の八月で
ちょうど今頃の季節よりもう少し夏本番といったところか。
でも師匠が9月の会にこの噺を選んでいるということは、
夏の名残を感じつつ、中秋の名月なのかもしれない。
そこは勝手な推測で三十石船の川風が心地よかったが、
ということで、来週20日の木曜日が横浜の小満んの会、
「お見立て」「疝気の虫」「試し酒」の三席、楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

ウォルフガング・サヴァリッシュ 12

ウォルフガング・サヴァリッシュの指揮による
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏で
ベートーヴェンの交響曲全集を収録順に聞いている。
交響曲 第1番 ハ長調と第3番 変ホ長調「英雄」
1993年6月にアムステルダム・コンセルトヘボウで収録。
この時代のいかにもスタンダードな仕上がりで、一方で
ピリオド奏法による時代考証の解釈が出てきた時期だが、
サヴァリッシュの演奏には、ゆったりと風格のある中にも
折り目正しく格調高い音作りが感じられて、改めて聞くと
深く心に響いて、感動する。新解釈とか個性的な演奏を
散々聞いた先にいまだからこそ再認識できるよさがある。
こうした全集の完成もあって、サヴァリッシュの評価が
世界的に高まっていた時期だが、きっと1960年代でも
1970年代のN響との演奏でもサヴァリッシュにとって、
ベートーヴェンの解釈は不変であり、その絶対の存在に
我々は強く惹かれていたのだと思う。大切な名盤だ。

WARNER 0999 9 93565 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

柳家小ゑん「長い夜・改II」

謝楽祭で買ってきた小ゑん師匠の最新盤。
「長い夜・改II」(2018年6月4日 鈴本昼席主任)
「フィッ!」(2018年6月24日 ギャラリー伊勢元)
こちらも今年で、それも最近の高座からの二席だ。
鈴本の6月上席で小ゑん師匠がトリの寄席の日。
「長い夜」は私のお気に入りでCD化を待っていた。
試作品とか黒門亭で聞いたことがあったのだけど、
最初のときにすぐにはまったのがファミレス風景で
しかし何度か聞いて、慣れてくるとすべての場面で
細部にまで作り込まれていて、言葉遊びで最高。
「長い夜」は大好きである。1984年の作だそうで
現在が「改II」だが、昔のは、どんななのだろう。
その時代の話題が入るので、そこに興味が行く。
「フィッ!」も以前からお気に入りだった。これは
1984年の実験落語会、圓丈師匠の作で、それを
1994年に小ゑん師匠が改作したと解説にある。
奇妙な世界に紛れ込むのは圓丈風な印象だけど
噺の仕上がりはすっかり小ゑんワールドである。
「稲葉さんの大冒険」とか、「燃えよジジババ」、
それに「グリコ少年」も小ゑん師匠で聞いていて、
圓丈師匠の噺を小ゑん師匠で聞くのも魅力的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

柳家小ゑん「銀河の恋の物語」

謝楽祭で買ってきた小ゑん師匠の最新盤。
「すて奥」(2018年6月9日 鈴本昼席主任)
「銀河の恋の物語」(2018年7月7日 黒門亭)
どちらも今年でつい最近の録音。6月上席の
小ゑん師匠がトリのときの鈴本の「すて奥」だ。
解説を読むと1998年にネタ下ろしされたらしい。
ラジオデイズで配信の武蔵小山での録音を
持っているのだが、そちらは2008年10月で
するとネタ下ろしから10年後、そして今回のが
また10年が過ぎたことになる。2008年の方も
私は好きなのだけど、聞いてみるとこちらは、
雰囲気が少し違っていて、それは鈴本の録音で
寄席の空気が伝わってくるので、そこが魅力的。
そしてまさに七夕の日の「銀河の恋の物語」で、
ズバリだな!って、ちょっとした奇跡のような、
こういうチャンスはめったに巡り合わないけれど、
やはり黒門亭の小ゑん師匠は、ますます素敵。
こちらも解説によるとあの伝説の実験落語会で
1985年にネタ下ろしされたとある。同じく、
ラジオデイズで配信の「無限落語」の録音を
持っているのだが、そちらは2009年8月で
それから10年弱が経っているが、この噺の
注目点は、今年の話題のネタが入っていて、
いま聞くと旬のネタということだし、後に聞いて、
2018年のニュースが録音に残るのである。
「長い夜」もそうだけど、こういうのって好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

東京の風景から 88~王子稲荷

謝楽祭のあまりの熱気に湯島のみつばちで
氷を食べた後、京浜東北線で王子へ。

20180909c1

20180909c2

20180909c3

謝楽祭の後の恒例というわけではないけれど、
昨年に続いて、王子稲荷にお参り。

20180909d

王子稲荷の裏山にある狐の穴。

20180909e

「王子の狐」の気分で扇屋の玉子焼を土産に。
玉子焼を目当てに王子まで足を延ばしてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謝楽祭 2018

今年も落語協会の謝楽祭に行ってきた。

20180909a

復興支援の富くじ。ぼたんさんとたけ平さんが司会。
左に寺社奉行(?)の正蔵さん。林家の富興行だ。

20180909b1

20180909b2

小満ん師匠と小ゑん師匠にサインをいただいて、
いつの間にか撮ってくれていて、うれしく、感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「蚊はなぜ血を吸うのか?」
蚊の主食は、花の蜜や果実の汁、樹液などである。
血を吸うのはメスだけで、卵を産むための卵巣を
発達させるため、その栄養源となるたんぱく質を
人間や動物の血から得ている。痒くなるのは、
血が固まらないようにする物質が原因である。

「おじいちゃんの眉毛はなぜ長いのか?」
一般的な眉毛の長さは1㎝程度であり、
目にかかると邪魔になるので、抜け替わる。
歳をとってくると毛を作る細胞が老化して、
抜けなくなる。眉毛があるのは人間だけで
コミュニケーション・ツールのひとつとして
言葉を話すよりも先に発達していた。

「トランプの絵札の人たちは誰?」
トランプは中国で作られたといわれ、アジアを渡り、
エジプトのマムルーク王朝からヨーロッパに伝わった。
現在の絵札は、16世紀フランスで作られたものであり、
親しみが湧くようにと伝説の英雄の名前が入れられた。
アレキサンダー大王、ユリウス・カエサル、ダビデ王、
カール大帝などなど、12人の英雄たちが選ばれた。

「四つ葉のクローバーはなぜ四つ葉になるのか?」
クローバーの葉は、遺伝子上は3枚だが、
葉の赤ちゃんが成長するときに踏まれたり
草刈りなどの外的要因で傷ついてしまうと
3つに分かれるはずが、4つになることがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

ダヴィッド・フレイ 2

ダヴィッド・フレイでバッハとブーレーズを聞いている。
バッハのパルティータ 第4番 ニ長調 BWV828
ブーレーズのピアノのためのノタシオン
バッハのフランス組曲 第1番 ニ短調 BWV812
ブーレーズのアンシーズ
2005年6月にパリ国立高等音楽院で収録されている。
ダヴィッド・フレイのピアノの響きに引き込まれてしまう。
あまりの素晴らしさに作品よりも音そのものに感動がある。
バッハのパルティータで繊細な表現や透明感ある響きより
それだけにとどまらない優しい音に何とも打たれてしまう。
作為的なものを感じさせず、そうではない、こんなにも
想いの詰まった演奏はないのであり、その調和は偉大だ。
ブーレーズのノタシオンもこれまで聞いた中で最も美しく、
少しの驚きもありながら感激した。ブーレーズとの写真が
掲載されているが、作曲者にとっても満足であっただろう。
アンシーズでは、さらに変化に富んだ仕上がりであり、
ダヴィッド・フレイが最後に次への飛躍を見せている。

Virgin 00946 385787 2 7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 6日 (木)

セドリック・ティベルギアン 3

セドリック・ティベルギアンの演奏でショパンを聞いている。
24の前奏曲 作品28
ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 作品35
スケルツォ 第2番 変ロ短調 作品31
2016年12月にロンドンのヘンリー・ウッド・ホールで収録。
24の前奏曲がマジョルカ島で完成したというのは有名だが、
ちょうど同時期の傑作が集められており、素晴らしい選曲。
前奏曲集には24種類のすべての調性が収められているし、
ソナタとスケルツォは、どちらも変ロ短調で統一されている。
セドリック・ティベルギアンはますます繊細に透明感も増して、
色合いとしては独特のモノトーンな世界だ。非常に緻密に
細部の表情付けにこだわっており、その精度には感動する。
聞き進むにつれて、葬送ソナタからスケルツォへとしだいに
激しさや熱気も増していくようで、勢いに引き込まれるのだが、
どんな瞬間にもティベルギアンの表現には美しい音色による
滑らかなうねりが存在して、そこは最大の魅力であって最高。

hyperion CDA68194

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

アリス・紗良・オット 1

アリス・紗良・オットでフランス音楽の作品集を聞いている。
ドビュッシーの夢、ベルガマスク組曲、
サティのグノシエンヌ 第1番、第3番、ジムノペディ 第1番、
ラヴェルの夜のガスパール、亡き王女のためのパヴァーヌ
2018年3月にベルリンのマイスターザールで収録されている。
アリス・紗良・オットの丁寧に描き出される落ち着きある音楽で
しっかりとした安定感のある響きながら細やかに自在な表現で
美しい表情付けが印象的である。でもそこで左手の伴奏型が
際立ってハッキリと聞こえてくるのは、少し気になってしまった。
しかし仕上がりは自然体で、あらゆる要素が合理的であり、
聞く側の気持ちしだいか。分析的な傾向が人工的に聞こえる。
目指す方向性が明確になっているところを評価すべきだが、
独自性は発見、面白さであり、しかしそれが目立ってしまう。
二回目以降は、あまり意識せずに聞けるようになるもので
特に後半のラヴェルの演奏は魅力的で聞き入ってしまう。

DG 00289 483 5187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

フローリアン・ウーリヒ 1

フローリアン・ウーリヒでラヴェルの作品を聞いている。
水の戯れ(2012.6.8-10)、鏡(2012.11.5-8)、
シャブリエ風に、ボロディン風に、
亡き王女のためのパヴァーヌ、
ハイドンの名によるメヌエット、
メヌエット 嬰ハ短調、ソナチネ(2012.6.8-10)
カイザースラウテルンのSWRスタジオで収録されている。
しっかりとした響き、深みのある音色で存在感のある演奏。
幽玄な世界とは違って、濃淡や揺らぎの感覚は聞かれない。
明確な音で紡ぎ出される音楽は、ラヴェルの独特な和音に
豊かな色合いを生み出している。かつてギーゼキングが、
ドビュッシーやラヴェルの作品で名演を残しているように、
ドイツのピアノ界でフランス音楽を演奏する伝統が現在も
生きているのであろう。音の印象では、ケンプからオピッツ、
その先に来るのがフローリアン・ウーリヒではなかろうかと
そういう印象で聞きはじめた。ラヴェルの作品を聞いていく。

Hanssler CD-No.93.318

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

ジャン・エフラム・バヴゼ 5

ジャン・エフラム・バヴゼでドビュッシーの作品を聞いている。
夜想曲、ベルガマスク組曲、ボヘミア風舞曲、
2つのアラベスク、夢、マズルカ、子供の領分、
ハイドンを讃えて、コンクールの小品、レントよりも遅く、
小さな黒人、アルバムのページ、英雄の子守歌、エレジー
2008年2月27-29日にダンウィッチのポットン・ホールで収録。
バヴゼによるドビュッシーの全曲録音から第3集を聞いているが、
ピアノの音色はますます美しい印象で、響きの透明度も抜群だが、
余韻に浸って、じっくりと表情付けを行っていくような演奏ではない。
かなりキッパリとした表現で、明瞭に音楽が進んでいくところは、
何とも気持ちがよく、一つの方向性として、強い意志が感じられて、
私は好きである。高度なテクニックを基本として、鮮やかであり、
ドビュッシーはこう弾くべき…というような、流れにとらわれずに
新しいスタイルの創造を目指しているのかも。バヴゼの演奏は、
個性豊かな仕上がりではないけれど、明確な独自性が聞ける。
非常にスタンダードなところに聞けば聞くほど、面白さがある。

CHANDOS CHAN 10743

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

9月2日の感想

新しいパソコンを買って、ちょうど二か月だが、
Windows10で最初のうちは、軽くて、速くて、
快調だったのだけど、お盆の辺りから遅くなって、
動きも悪いし、反応も鈍いし、どうしようもなくて、
いまならバックアップも簡単なので、いっそのこと
初期化して、整理しなおそうかとも思ったのだが、
今朝、起動すると「ようこそ」の画面の後、しばらく
いや、一時間ほどかかっていたかもしれないが、
更新が行われたようで、その後は快適になった。
9月に入って、更新情報が公開されて、それが
今朝、実行されたのか、よくわからないのだが、
たいへんである。事前にわかれば、いいのに。
知らないでいきなりはじまると困る。更新の前に
準備の影響で動きが悪くなるのはもっと困る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「大仏様のおデコにあるアレは何?」
とぐろを巻いている毛で白毫(びゃくごう)という。
毛の長さは1丈5尺(4.5m)あるともいわれる。
世界をあまねく照らす光が放たれている。
悟りを開いた如来と悟りを開こうとしている
菩薩にあり、白毫とは悟りの目印ともいえる。

「くしゃみを誰かに噂されているというのはなぜ?」
くしゃみをしたことを誰か他の人のせいにしている。
くしゃみは風邪の前ぶれで、昔は風邪で死ぬ人も
多かったために、くしゃみをすると鼻から魂が抜け、
そこから悪霊が入ってきて、悪いことの予兆とも
考えられていた。誰か悪い人が、くしゃみをさせ、
その人のせいにしている。後にはお呪いをして、
くそ食らえ ⇒ くさめ ⇒ くしゃみ、と変化した。
沖縄ではクスクェという。逆に良い方には、
愛する人が、心配してくれているとも考えた。

「子供は何でうんちが好きか?」
精神分析学者のジークムント・フロイトが唱えた
「Anale Phase(肛門期)」には、子供は2~4歳の頃に
うんちをする快感を覚え、トイレ・トレーニングの時期で、
上手にすると親にも褒められて、好きになる、とある。
自分の体から出てくるものは、子供のようにも思え、
うんちに対して、愛着をいだくようになる。

「学校の夏休みは何のためにあるか?」
夏休みの間に先生が勉強をするためである。
2002年の学校週5日制がはじまり、休暇が増え、
勤務状況が見直され、先生は夏休みも学校に
出るようになった。二学期に向けて授業の準備や
運動会、学芸会、修学旅行の段取り等をしている。
教員の夏期休暇は、お盆の一週間程度である。
クーラーがなかった頃に、暑い夏に子供たちが
体調を崩さないよう休みにしたということもいわれ、
農業の収穫で手伝いをするために休みにしたとか、
諸説があるが、文部科学省には、資料や情報は
残されておらず、明確な起源はわかっていない。

「結婚式の花嫁さんの角隠しって何?」
角は女性の攻撃や怒りを象徴しており、角を隠すことで
嫉妬心を抑え、従順な妻になる誓いが込められている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »