« ミヒャエル・ギーレン 32 | トップページ | ロリン・マゼール 40 »

2018年9月26日 (水)

圓朝速記~真景累ヶ淵(五十)

土手の甚蔵がお賤のところで強請る場面の続き。

お賤「新吉さんは兄弟分か知りませんが、
私はお前さんを知りません、(中略)
何もお前さん方に三拾両の大金を強請(いたぶ)られる
因縁は有りません、帰ってお呉れ、出来ませんよ、
ハイ三文も出来ませんよ」

お賤の啖呵は本当にすごい。度胸が据わって。

甚蔵「然(そ)う腹を立っちゃア仕様がねえ、え、おい、
(中略)馬の腹掛を着て頼むのだから、
お前さん三拾両貸して呉れても宜(よ)かろうと思う」

馬の腹掛だからと強請るのはちょっと意味不明。
博打で取られて、裸にされて、馬の腹掛で来た。

甚蔵「なに、何うしたも斯(こ)うしたもねえ、
新吉此処へ出ろ、エヽおい、咽喉頸(のどっくび)の筋が
一本拾両にしても二十両が物アあらア」
新吉「マア黙って兄(あんに)い」
甚蔵「何でえ篦棒(べらぼう)め、己が柔和(おとな)しく
して居るのだから文句なしに出すが当然(あたりめえ)だ、…」

新吉のここでの少々情けない慌てぶりは面白い。
べらぼうって、漢字で書くと「篦棒」なのだ。

新吉「何だって、いけねえ事に成って仕舞った、
旦那の湯灌の時彼奴(あいつ)が来やアがって、
一人じゃア出来ねえから手伝うといって、仏様を見ると、
咽喉頸(のどっくび)に筋が有るのを見付けやがって、
ア屹度(きっと)殺したろう、殺したといやア黙ってるが
云わなけりゃア仏様を本堂へ持って行って
詮議方(あらいかた)するというから、驚いて
否応(いやおう)なしに種を明(あか)した」
お賤「アレ/\あれだもの、新吉さん、それだもの、
本当に仕方がないよ、彼(あれ)までにするにゃア、
旦那の達者の時分から丹精したに、彼(あ)の悪党に
種を明して仕舞って何うするのだよ、幾ら貸したって
役に立つものかね、側から借りに来るよ彼奴(あいつ)がさ」

お賤の呆れ顔を思い浮かべると本当に面白い場面である。

|

« ミヒャエル・ギーレン 32 | トップページ | ロリン・マゼール 40 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 圓朝速記~真景累ヶ淵(五十):

« ミヒャエル・ギーレン 32 | トップページ | ロリン・マゼール 40 »