« 落語につぶやき 295~柳の馬場 | トップページ | チコちゃんに叱られる »

2018年10月 5日 (金)

ダニエル・バレンボイム 27

ダニエル・バレンボイムでバッハのゴルトベルク変奏曲。
1989年10月12日にブエノス・アイレスで収録されている。
テアトル・コロンでのライブ録音で、透明感のある響きは
いかにも1980年代のバレンボイムであり、緻密な印象と
スッキリとした音でバッハの音楽を丁寧に描き出していく。
歯切れのいい速いテンポの変奏では、何とも鮮やかで
最高の気持ちよさなのだが、ゆっくりと静かな変奏では、
その精妙な表現に聞いていて少々疲れるところもある。
この頃のバレンボイムは、ベートーヴェンでもそうだった。
オーケストラを指揮するときに鳴り出す音とピアノとで
どうも印象に違いがあったのだが、この後の90年代に
表現に深みが増していく中で一体となっていく気がする。

ERATO 0825646772599

|

« 落語につぶやき 295~柳の馬場 | トップページ | チコちゃんに叱られる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダニエル・バレンボイム 27:

« 落語につぶやき 295~柳の馬場 | トップページ | チコちゃんに叱られる »