« ダニエル・バレンボイム 29 | トップページ | つくば JAXAの風景 »

2018年10月17日 (水)

ルドルフ・ブッフビンダー 5

ルドルフ・ブッフビンダーでモーツァルトのピアノ協奏曲、
シュターツカペレ・ドレスデンと協演したライブ録音。
ピアノ協奏曲 ニ短調 K.466とハ長調 K.467
2015年6月15-17日にドレスデンのVWガラスの工場。
フォルクスワーゲンの工場で行われた演奏会というのも
気になるところだが、その音響も独特な印象で興味深い。
シュターツカペレ・ドレスデンのパートナーであるらしい。
オーケストラの音色が古楽的な仕上がりで、まずは驚く。
その流れに乗ってのことだが、ルドルフ・ブッフビンダーも
かなり辛口の表現。ピアノの音は美しいのだが、音楽は
表情付けを排除している感じで、激しさと力強さを出して、
モーツァルトの優美さはない。集中力と緊張感で進める。
熟練した技が魅力のブッフビンダーだが、ここでは硬派。
深みのある響きと奥行の音楽は、ロマンティックであり、
近年の時代考証スタイルではないが、独自の道を行く。

SONY 88875178062

|

« ダニエル・バレンボイム 29 | トップページ | つくば JAXAの風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルドルフ・ブッフビンダー 5:

« ダニエル・バレンボイム 29 | トップページ | つくば JAXAの風景 »