« ベルナルト・ハイティンク 32 | トップページ | 落語につぶやき 296~しわい屋 »

2018年10月21日 (日)

黒門亭で志ん弥・時蔵・小袁治

小袁治師匠が「柳田格之進」で黒門亭に行ってきた。
志ん松さんに志ん弥師匠、時蔵師匠といい顔付け。

第2部
柳亭市朗:牛ほめ
古今亭志ん松:崇徳院
古今亭志ん弥:短命~豆屋
林家時蔵:しわい屋
柳家小袁治:柳田格之進

開口一番は市朗さんが与太郎のお馴染み「牛ほめ」で
言葉も聞き取りやすいし、上手いので、あとはテンポ感、
噺に勢いが出てきたら、展開にもメリハリが出るであろう。
志ん松さんは志ん橋師匠のお弟子さんで、前座の頃の
きょう介の時代から聞いているが、よくなってきている印象。
というのが、テンポよく進む展開と噺の勢いの心地よさだ。
落語に誠実にそして丁寧に接する姿勢は変わらないので、
毎回、書いているけれど、このままで地道にいってほしい。
志ん弥師匠が「嬶を後家にしたい」の小噺など、いろいろと
何事にも色気は大切のマクラから「短命」に入ったのだが、
すると市朗さんが大慌てにネタ帳をもって飛び込んできて、
「短命」は第1部で出ていたそうなのである。時々あると
話には聞くけれど、実際に遭遇したのはこれがはじめてだ。
とっさに噺を切り替えて、演りなおすのって、それは容易に
できるものではないと思うのだけど、そこを見事にかわして、
次に行けてしまうのは、実に鮮やかであり、こういうとき
志ん弥師匠に惚れ惚れしてしまうのである。ということで、
早速、商売のマクラになり、金魚売りと鰯売りの売り声など
噺は「豆屋」となった。途中で終わってしまったことを思うと
志ん弥師匠の「短命」は聞きたかった。それは仕方がない。
この後が長い「柳田格之進」であり、今回の時蔵師匠は、
時間調整のこともあったのだが、「しわい屋」であった。
彦六の正蔵師匠が有名だけど、聞いたことがなかった。
けちん坊の小噺から入って、本編はごく短いのだけど、
こういう噺って、好きである。このバカバカしさが落語だ。
そしてトリは「柳田格之進」。小袁治師匠の「柳田」は、
ずいぶん前に聞いていて、なぜ覚えているかというと、
十代目の馬生師匠の型なのである。番頭の徳兵衛と
おきぬさんが夫婦になる、おめでたいサゲではなくて、
馬生師匠の型は暗い。というのは、リアリティの追及で、
志ん朝師匠の最後のところで強引に明るくなる展開は、
ファンの間でも賛否両論だ。といって、暗く終わるのは、
柳田格之進の堅物ぶりからすると後味の悪さが残る。
実に難しい噺である。しかしだからこそ聞きたくもなるし、
聞いては毎回、考えさせられている。この噺は、途中、
地で進めるところが多くて、そこでの小袁治師匠の
自分の言葉で語っていくスタイルは、私は心地がよい。
通常は年末の煤払いから雪の湯島で年始廻りまで、
わずかな時間での柳田との再会だが、今回のでは、
それから一年が過ぎての正月であり、仲間の助けで
柳田の帰参が叶い、おきぬさんも請け出されるけれど、
食も取らずに老婆の如く、変わり果てていたとのことで
その一年の月日が、何とも重苦しい。極めて深刻だ。
しかし五十両の発見から急展開に解決してしまうのも
たしかに嘘っぽい。噺の中で説明だけであったとしても
一年という時間は必要なのかもしれない。主従の情で
柳田は萬屋の両名を斬れないが、番頭とおきぬさんの
婚礼はなしである。小袁治師匠の「柳田格之進」は、
今日は久しぶりに聞けてよかった。やはり感動した。

20181021

|

« ベルナルト・ハイティンク 32 | トップページ | 落語につぶやき 296~しわい屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で志ん弥・時蔵・小袁治:

« ベルナルト・ハイティンク 32 | トップページ | 落語につぶやき 296~しわい屋 »