« ダニエル・バレンボイム 27 | トップページ | 横浜の風景から 537 »

2018年10月 6日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「高いところに行くと体がムズムズするのはなぜ?」
高所の恐怖による体の反応であり、脳の中で
「逃げろ」と「動くな」の二つの指令が出ている。
「逃げろ」というときには筋肉が締まり、
「動くな」のときには筋肉が緩まる。
トイレに行く波と行かない波が同時に押し寄せ、
それによって、体がムズムズするのである。
高所での作業に慣れている人は、脳の指令が
出なくなり、ワイヤーによる安心感も大きい。

「おそば屋さんにカツ丼があるのはなぜ?」
早稲田大学の前にある三朝庵という老舗そば屋で
カツ丼は生まれた。1918年、初代加藤朝治郎が考案。
仕出し屋からとったトンカツが当時は大人気であり、
ある日、宴会がキャンセルになり、大量のトンカツが
残ってしまった。常連客が、玉子丼みたいに煮たら
柔らかくなるのではないかと注文を出し、そばつゆに
トンカツを入れ、卵でとじてみたところ、旨かった。
カツオ節がトンカツの旨味を引き出し、また同時に
大量に作るそばつゆも有効に活用できて普及した。

「なぜ学校でウサギが飼育されるのか?」
ウサギは、鳴かない(声帯が発達していない)、
噛まない(子供が怪我をしないように)、
昼間は起きない(夜行性)などにより、
飼育に向いている。馬房にウサギを入れて、
馬の性格を穏やかにする矯正法などもある。

|

« ダニエル・バレンボイム 27 | トップページ | 横浜の風景から 537 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チコちゃんに叱られる:

« ダニエル・バレンボイム 27 | トップページ | 横浜の風景から 537 »