« クリストフ・エッシェンバッハ 13 | トップページ | ミシェル・ダルベルト 6 »

2018年11月28日 (水)

ミヒャエル・ギーレン 33

ミヒャエル・ギーレン・エディション(第7集)から
シュトゥットガルト放送交響楽団の演奏で
カール・ラッグルズの太陽を踏む者
アイヴズの宵闇のセントラルパーク
アイヴズのブース将軍天国へ行く(1913)
コリン・マクフィーのタブー・タブハン(1936)
1975年6月21日にシュトゥットガルトの
SDRスタジオ・ベルク、ゼンデザールIIでライブ収録。
アメリカの現代音楽を集めた録音だが、難しさはなく、
楽しめる作品ばかりだ。現代といっても20世紀前半で
映画音楽や舞台作品に近い作風なのかもしれない。
アイヴズは知っているけれど、アメリカの作曲家は
あまり聞かないし、どうも敬遠する傾向にあったが、
ここでの作品は素晴らしくて、すっかり気に入った。

SWR>>music CD-No.SWR19061CD

|

« クリストフ・エッシェンバッハ 13 | トップページ | ミシェル・ダルベルト 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミヒャエル・ギーレン 33:

« クリストフ・エッシェンバッハ 13 | トップページ | ミシェル・ダルベルト 6 »