« エフゲニー・キーシン 2 | トップページ | 黒門亭で文雀・木久蔵・一九 »

2018年11月16日 (金)

ヴァレリー・アファナシエフ 4

ヴァレリー・アファナシエフでモーツァルトのソナタ。
ピアノ・ソナタ 第9番 イ短調 K.310
ピアノ・ソナタ 第10番 ハ長調 K.330
ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.331
2016年4月18-21日にベルリンのイエス・キリスト教会。
アファナシエフのモーツァルトは、以前のイメージだと
ちょっと重くて、強すぎる印象があったのだが、今回の
最新の演奏を聞くと認識を改めていかなければならない。
音楽の構造をことさら明確に示していきたい傾向があり、
すると低音がよりハッキリと響いてきて、それによって、
重厚なモーツァルト像が浮かび上がってくるのだが、
音楽の流れは自然体で思ったよりは違和感なく聞ける。
ひとつ大きな特徴は装飾音の扱いであろう。明瞭である。
これもここまで明確に独立させて聞かせている演奏は、
聞いたことがない。まさにアファナシエフならではである。
今回からベーゼンドルファー・インペリアルを使用して、
その音色でロマンティックな仕上がりでもあり、そして
長調の曲での澄み切った響きには何とも引き込まれた。
ベーゼンドルファーで弾くソナタ イ長調 K.331というと
ちょうどこの響きでグルダの演奏を思い出してしまう。
イ短調 K.310だが、以前は第8番で知られていたが、
国際モーツァルテウム財団の新モーツァルト全集では、
第9番となっているらしい。ニ長調 K.311が第8番。
後半のピアノ・ソナタも以前と順番が変わってしまって、
第18番だったヘ長調 K.533/494が第15番となって、
ハ長調 K.545が第16番、変ロ長調 K.570が第17番、
ニ長調 K.576が第18番と紛らわしくて、困ってしまう。

SONY 88985490042

|

« エフゲニー・キーシン 2 | トップページ | 黒門亭で文雀・木久蔵・一九 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴァレリー・アファナシエフ 4:

« エフゲニー・キーシン 2 | トップページ | 黒門亭で文雀・木久蔵・一九 »