« 12月27日の感想 | トップページ | CDのアルミ腐食に関する »

2018年12月28日 (金)

カラヤンの1980年代 45

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウィーンフィルで
ブルックナーの交響曲 第8番 ハ短調(ハース版)
1988年11月にウィーン楽友協会大ホールで収録。
年内に久しぶりに聞いておきたかったブルックナーで
カラヤンの最晩年の録音である。亡くなったばかりに
ちょうど発売になって、追悼盤ということで出たのだが、
宇野功芳さんの「カラヤンのブルックナーを褒めるのは
この第8番がはじめただ」と批評していたのが、すごく
記憶に残っている。云いたいことは、わかる気がする。
カラヤンはウィーンフィルから繊細な響きを引き出して、
すると金管の強奏が際立ってしまうところがあるのだが、
そこは緊迫感のある迫力ではあるし、精妙な表情で
第3楽章の深い表現には感動した。雄大ではあるが、
カラヤンの集中力は充実して、晩年の名演である。

DG 427 611-2

|

« 12月27日の感想 | トップページ | CDのアルミ腐食に関する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラヤンの1980年代 45:

« 12月27日の感想 | トップページ | CDのアルミ腐食に関する »