« ジュゼッペ・シノーポリ 9 | トップページ | ジャン・フランソワ・エッセール 2 »

2018年12月13日 (木)

ミシェル・ダルベルト 7

ミシェル・ダルベルトによるフォーレの室内楽。
ゴーティエ・カピュソンのチェロとの共演による
チェロ・ソナタ 第1番 ニ短調 作品109、
エレジー 作品24、蝶々 作品77、ロマンス 作品69、
セレナード 作品98、シシリエンヌ 作品78
2010年7月4-12日にパリのポリニャック財団で収録。
後半は、エベーヌ四重奏団との共演による
ピアノ五重奏曲 第1番 ニ短調 作品89
2010年10月9,10日にパリのポリニャック財団で収録。
フォーレの室内楽は本当に素晴らしい。というよりも
私の場合には、フォーレのピアノの響きが好きであり、
ミシェル・ダルベルトの演奏に何とも聞き入っている。
チェロの落ち着きある音色との対比でも心地がいい。
そして後半のピアノ五重奏曲がまた格段に魅力的だ。
エベーヌ四重奏団は興味あったのだが、これはいい。
他の演奏も聞いてみたい。2017年の来日公演では、
フォーレの弦楽四重奏曲 ホ短調も演奏しているが、
ベートーヴェンを取り上げているらしい。気になる。
来年7月の東京公演でもベートーヴェンのようだ。

ERATO 0190 295612085

|

« ジュゼッペ・シノーポリ 9 | トップページ | ジャン・フランソワ・エッセール 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミシェル・ダルベルト 7:

« ジュゼッペ・シノーポリ 9 | トップページ | ジャン・フランソワ・エッセール 2 »