« 東京の風景から 91~けやき坂 | トップページ | クラウディオ・アバド 46 »

2018年12月17日 (月)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「どうして音楽室には肖像画があるのか?」
昭和30年頃、学校に納める楽器のおまけとして、
楽器メーカーが作曲家の肖像画カレンダーを配った。
(全音は)出版社でもあったので、カレンダー制作の
ノウハウはあり、画家の大貫松三に依頼をして、
ベートーヴェンの肖像画を作成し、カレンダーとした。
当時は作曲家の顔は、知られていなかったので、
一年間使い終わってもカレンダー部分を切り取り、
肖像画は音楽室の壁に残った。バッハ、ヘンデルと
作曲家のカレンダーは続き、肖像画は増えていった。

「なぜ年末のことを年の瀬というのか?」
瀬とは川の流れの激しいところをいい、つまり一年で
越えるのが最もたいへんなときである。江戸時代は
掛け商売であり、盆や大晦日にたまっているツケを
まとめて払った。大晦日には借金取りとの攻防があり、
それを前に年末のことを年の瀬というようになった。

「唐揚げとフライドチキンの違いは何?」
肉に味付けするのが唐揚げ、衣に味付けするのが
フライドチキンである。鶏肉にしょうゆやショウガで
下味をするのは、塩分で肉を柔らかくする効果がある。
フライドチキンは、唐揚げよりも100年ほど歴史が古く、
アメリカで生まれた。骨付き肉は捨てられていたが、
スパイス油で揚げると香ばしくて、おいしく食べられ、
無駄なく肉を食べるため、フライドチキンは好まれた。

「LEDはどうして光るのか?」
イルミネーションなどに使われているLEDは、
発光ダイオードである。2つの半導体が重なって、
電子が入っているのと電子が入る穴があるのと
二種類の半導体に電流を流し、電子が一方の
穴にはまると光エネルギーに変わって発光する。
1990年代に赤、緑に青色発光ダイオードが加わり、
白い光を発するLEDが生まれた。消費電力を抑え、
耐久性にも優れ、その後、急速に普及していった。

|

« 東京の風景から 91~けやき坂 | トップページ | クラウディオ・アバド 46 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チコちゃんに叱られる:

« 東京の風景から 91~けやき坂 | トップページ | クラウディオ・アバド 46 »