« クラウディオ・アバド 48 | トップページ | ヴァレリー・アファナシエフ 6 »

2019年1月16日 (水)

ダニエル・バレンボイム 34

ダニエル・バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリンで
ブルックナーの交響曲 第5番 変ロ長調(原典版)
2010年6月にベルリンのフィルハーモニーでライブ収録。
バレンボイムの新しいブルックナー交響曲全集である。
朗々とした響きで実に骨太な音楽は雄大な広がりだ。
想いの詰まっている音作りで血が通い、暖かみもあり、
神格化するような厳しい演奏ではない。動きがあって、
ブルックナーの交響曲に心から親しみを懐くような
今回の全集では、そうした演奏を目指しているのかも。
映像からの編集で、ライブの感覚を強調しているのも
大きな要因であろう。第5番は中でも最も緻密な作風で
ブルックナー・ファンにもその謎解きは特に人気だが、
こんなにも人懐こい表情を見せるなんて知らなかった。

DG 00289 479 6985

|

« クラウディオ・アバド 48 | トップページ | ヴァレリー・アファナシエフ 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダニエル・バレンボイム 34:

« クラウディオ・アバド 48 | トップページ | ヴァレリー・アファナシエフ 6 »