« オイゲン・ヨッフム 3 | トップページ | オイゲン・ヨッフム 5 »

2019年1月29日 (火)

オイゲン・ヨッフム 4

オイゲン・ヨッフム指揮ベルリン・ドイツ・オペラによる
ワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」
続いて今日は第2幕を聞いている。CD2枚目の残り。
1976年3,4月にベルリンのイエス・キリスト教会で収録。
聖ヨハネ祭前夜のこの第2幕は最高の名場面だけど、
オイゲン・ヨッフムが美しく歌い込んでいて、とにかくいい。
何て素晴らしい演奏であろう。ハンス・ザックスの活躍が
そろそろ目立ってくるのだが、フィッシャー・ディースカウで
このザックスの歌というのは、他とは違って、独特である。
ちょっと馴染まない感じはあるのだが、次第に慣れてくると
そこはやはり悪いはずがないので、引き込まれてしまう。
でも靴屋の職人というより、大学教授みたいなイメージが。
それにしてもオイゲン・ヨッフムの音作りに惚れ込んでしまう。
ベームのように渋くはないし、カラヤンのように自己主張を
押し通すこともなくて、ワーグナーの音楽の魅力を素直に
ごく自然な形で引き出して、仕上がりは実にロマンティック。
明日からは第3幕である。私は「マイスタージンガー」が
最高傑作だと思っていて、何度聞いても幸せな気持ちだ。

DG 00289 477 7559

|

« オイゲン・ヨッフム 3 | トップページ | オイゲン・ヨッフム 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オイゲン・ヨッフム 4:

« オイゲン・ヨッフム 3 | トップページ | オイゲン・ヨッフム 5 »