« オイゲン・ヨッフム 4 | トップページ | オイゲン・ヨッフム 6 »

2019年1月30日 (水)

オイゲン・ヨッフム 5

オイゲン・ヨッフム指揮ベルリン・ドイツ・オペラによる
ワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」
今日は第3幕の前半を聞いている。第3場の途中まで。
1976年3,4月にベルリンのイエス・キリスト教会で収録。
夜が明けて、聖ヨハネ祭当日の朝。昨晩の大乱闘の反省で
ザックスのモノローグからだが、フィッシャー・ディースカウで
間違えようのない独特な歌声であり、絶頂期の名唱であろう。
膨大な量の歌曲録音をこなしつつ、ザックスを歌うのだから
本当にすごい。そこにドミンゴのワルターが加わるという贅沢、
あまり夢のような話で、歌劇場の一場面という印象はないが、
レコードゆえの大企画であろう。そしてベックメッサーによる
盗作事件の場面で、ここが面白いのに切れ場にするなんて、
なんてことを!と思うが、続きの第3幕後半は明日である。
役人のベックメッサーは、ローラント・ヘルマンが歌っている。

DG 00289 477 7559

|

« オイゲン・ヨッフム 4 | トップページ | オイゲン・ヨッフム 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オイゲン・ヨッフム 5:

« オイゲン・ヨッフム 4 | トップページ | オイゲン・ヨッフム 6 »