« スヴャトスラフ・リヒテル 11 | トップページ | アンドレ・プレヴィン死去 »

2019年2月28日 (木)

スヴャトスラフ・リヒテル 12

リヒテルでベートーヴェンのピアノ・ソナタと室内楽。
ピアノ・ソナタ 第18番 変ホ長調 作品31-3(1992.10)
ロンド ハ長調 作品51-1、ト長調 作品51-2
ピアノ・ソナタ 第28番 イ長調 作品101(1986.6)
ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 作品97「大公」
ピアノと管楽器のための五重奏曲 変ホ長調 作品16
リヒテルの晩年の演奏スタイルであり、響きをシンプルに
その点では、昨日の1960年代のライブとは対極だが、
しかし私には、リヒテルというとこのイメージであったし、
いま客観的に聞くと非常に心に響いて、何とも感動する。
実は発売時に聞いたときには、あまりに枯れているので、
この演奏の価値がよくわからなかった。巨匠の到達点。
1986年6月のアムステルダムでの録音というのは、
ディアベッリの主題による変奏曲と同じときの演奏かも。

PHILIPS 438 624-2

|

« スヴャトスラフ・リヒテル 11 | トップページ | アンドレ・プレヴィン死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スヴャトスラフ・リヒテル 12:

« スヴャトスラフ・リヒテル 11 | トップページ | アンドレ・プレヴィン死去 »