« クリストフ・フォン・ドホナーニ 24 | トップページ | 東京の風景から 94~立会川 »

2019年2月15日 (金)

クリストフ・フォン・ドホナーニ 25

クリストフ・フォン・ドホナーニ指揮ウィーンフィルで
R.シュトラウスの楽劇「サロメ」を聞いている。
1994年4月11-18日にウィーン・コンツェルトハウス。
しなやかで音楽は非常にスムーズに流れているけれど、
元々、ドホナーニは色彩を際立たせて描く人ではないが、
この作品のどぎつさは感じられない。音だとなお一層。
細部まで明瞭に鋭く表現していく手法も薄まっており、
自然体な仕上がりだが、するとスタンダートな印象で
ドホナーニの主張は控えめ。ウィーンフィルの音色を
より前面に出し、美しくまとめることに集中したのかも。
レコード制作で音のみの表現だとその中で物語を伝え、
舞台のイメージも頭に広がるような、そんな仕上がりも
可能ではあるけれど、このときは、実際の上演もあり、
ロンドンでの公演が、後に映像にも残されているが、
舞台があって、それに寄り添っての音楽というのでは、
やはり違うのかもしれない。このプロダクションは、
ザルツブルク音楽祭での上演とある。翌年の収録。

DECCA 444 178-2

|

« クリストフ・フォン・ドホナーニ 24 | トップページ | 東京の風景から 94~立会川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリストフ・フォン・ドホナーニ 25:

« クリストフ・フォン・ドホナーニ 24 | トップページ | 東京の風景から 94~立会川 »