« 3月3日の感想 | トップページ | スティーヴン・オズボーン 7 »

2019年3月 4日 (月)

ヴァレリー・アファナシエフ 9

アファナシエフでベートーヴェンのピアノ協奏曲全集
ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
ユベール・スダーン指揮モーツァルテウム管弦楽団
2002年6月10,11日にモーツァルテウムで収録。
テンポの遅さからくる特別な印象というのはなくて、
通常の演奏からかけ離れた感覚というのはない。
どこが違うかは、ゆったりと流れるところでの歌い方、
主題の構成をくっきりと浮かび上がらせるのであり、
そこが聞かせどころである。しかしオーケストラは、
そういうところでもテンポを落としている感じはなく、
そこが不思議なのだが、まさに絶妙な感覚であり、
違和感なく音楽は流れていく。アファナシエフは、
特別なことをしているようだけど、実は枠の中で
揺らぎ程度の動きなのであり、その響かせ方が
やはり天才的であって、聞くほどに感動してくる。

OEHMS OC513

|

« 3月3日の感想 | トップページ | スティーヴン・オズボーン 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴァレリー・アファナシエフ 9:

« 3月3日の感想 | トップページ | スティーヴン・オズボーン 7 »