« チコちゃんに叱られる | トップページ | セドリック・ティベルギアン 4 »

2019年3月18日 (月)

セドリック・ティベルギアン リサイタル

ちょうどよく用事を結び付けられたのだが、
神奈川県庁に行って、業務報告書を出して、
それから急ぎ、横浜みなとみらいホールへ。
月曜日の11時半開場というマチネ・コンサートで
セドリック・ティベルギアンのピアノ・リサイタル。

第1部
ベートーヴェン:エロイカの主題による変奏曲とフーガ
ブラームス:シューマンの主題による変奏曲

実演で改めて聞くと若いベートーヴェンとブラームスが、
革新的な手法に取り組んで、古典的な枠の中で
画期的な響きを生み出して、発見の多い時間に
すっかり引き込まれてしまった。第2部の練習曲も
今回の選曲の意図はそこにあったのかと感動する。
ティベルギアンはやはりブラームスが素晴らしい。

第2部
ドビュッシー:12の練習曲
ドビュッシー:前奏曲集 第1巻~沈める寺

私は昔からドビュッシーの練習曲がとにかく好きで、
ティベルギアンが弾くとなると聞かずにはいられなく、
これが目的だったわけだが、弱音がきれいに鳴って、
何ともしなやかな運動性に夢中になって聞いてきた。
実に柔らかい響きだけど、動きの冴えは圧倒的で
これを聞いたらますますファンになる。最高だった。
「沈める寺」のアンコールで、サイン会も開かれて、
リストの巡礼の年 第3年の最新盤にもらってきた。

|

« チコちゃんに叱られる | トップページ | セドリック・ティベルギアン 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セドリック・ティベルギアン リサイタル:

« チコちゃんに叱られる | トップページ | セドリック・ティベルギアン 4 »