« 3月24日の感想 | トップページ | 3月26日の感想 »

2019年3月25日 (月)

ダニエル・バレンボイム 36

ダニエル・バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリンで
ブルックナーの交響曲 第7番 ホ長調(ノヴァーク版)
2010年6月にベルリンのフィルハーモニーでライブ収録。
バレンボイムの新しいブルックナー交響曲全集である。
荘厳な響きを聞かせる演奏が多い中で、これほどまでに
親しみを感じながら聞けるブルックナーというのも珍しい。
バレンボイムが到達した演奏スタイルというのがこれであり、
非常に歌に満ちているのと色合いも豊かな変化を見せて、
濃密に描き込まれている。作品への愛情にあふれている。
バレンボイムにとって、作品によって想い入れが違うことも
ないのだと思うが、それにしてもブルックナーへの想いは
やはり格別であろう。感動がストレートに伝わってくる。
流麗な動きと力強さの共存は、他では味わえない感動。

DG 00289 479 6985

|

« 3月24日の感想 | トップページ | 3月26日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月24日の感想 | トップページ | 3月26日の感想 »